最終更新日:2022/03/15

その他の疾患

当科では、以下のような疾患に対しても積極的に治療を行っています。

転移性肺腫瘍

他の臓器のがんより肺に転移した腫瘍に対しても、胸腔鏡を用いて積極的に切除しています。最近では、大腸がん由来の肺転移の手術症例が増加しつつあり、数個ある転移でも切除することにより、予後が改善することがあります。

診断未確定の肺病変

悪性を否定できない肺病変に対して、確定診断のために肺の一部を切除します。ほとんどの場合、胸腔鏡下手術が可能で、良性であれば術後1週間以内に退院となります。

炎症性肺病変

肺真菌症などの炎症性の疾患に対して、外科的に治療を行うことがあります。これらの疾患は慢性的に経過し、手術の際には癒着がひどいため難渋することが多く、むしろ肺がんの手術より難しい場合があります。

重症筋無力症

重症筋無力症は、免疫異常が関係するとされ、難病の1つです。原則として、まず内科的治療が行われますが、外科では胸腺とその周囲の脂肪組織を広く取り除く拡大胸腺摘出術を行います。一般的には、胸骨を縦に大きく切って胸を開きますが、一部の施設では胸腔鏡を用いています。

胸膜腫瘍

胸膜という薄い膜より、腫瘍が発生することがあります。良性の場合は、最近では胸腔鏡を用いて切除することがほとんどです。悪性のものとしては悪性胸膜中皮腫といった疾患があり、外科では胸膜肺全摘という大きな手術を行うことがあります。

多汗症

当科では、胸腔鏡下に交感神経節を切除する手術を行います。

漏斗胸

胸壁が変形して扁平になった状態です。内視鏡を用いて、傷を小さく、低侵襲な手術を行います。