最終更新日:2022/10/03

診療内容

診療科長(主任部長)土井 正行

方針

●心臓病の急患に対して、365日24時間、循環器当直体制(循環器内科および心臓血管外科による交代制)で、いつでも速やかに対処します。また、急患や診療内容のご相談などがありましたら、循環器医直通のホットライン(通常勤務時間は循環器内科、夜間休日は循環器当直が対応)にご連絡ください。
●外来は予約制ですが、予約がない場合も紹介患者は診察させていただきます。病状に応じて、お待たせすることなくER(救急外来)にて診察するなど、臨機応変に対応できるよう心がけています。
●循環器センターは、循環器内科および心臓血管外科の混合病棟となっており、常に情報交換を行い、内科外科共同で最良の医療を提供できるよう努力しています。
●病院および循環器内科共通の目標として病診連携医療を推進する立場であり、退院後は基本的に 紹介医およびかかりつけ医に日々の診療をお願いさせていただいています。

特徴

心血管病の検査

 外来で可能な検査はできるだけ初回受診時に行い、短期間で方針を立てることができるようにして います。

①心電図・負荷心電図・24時間心電図・イベントレコーダー
②心臓超音波検査・経食道心臓超音波検査
③血管脈波検査・血管超音波検査(頸動脈・腎動脈・末梢動静脈など)・皮膚再灌流圧検査・血管内皮 能検査など
④X線検査・冠動脈CT・FFR-CT・心臓MRI
⑤心筋シンチ(安静・運動負荷)・肺血流シンチ
⑥心肺運動負荷試験
⑦心臓カテーテル検査(冠動脈造影・電気生理学的検査など

心血管病の治療

①虚血性心疾患
 急性心筋梗塞患者に対しては、いつでも速やかに緊急経皮的冠動脈形成術(PCI)ができる体制を整え ています。心筋梗塞患者の来院後90分以内の再灌流療法については、全国でもTOPレベルを維持しています。
 石灰化病変に対するロータブレーターやダイヤモンドバック、冠動脈血栓やステント内再狭窄病変に有効なレーザー治療など重症で治療に難渋する症例に対する治療体制が整い、他施設で治療困難な症例を紹介いただく機会が増加しています。カテーテルによる血行再建のみならず、再発を予防するため、最善の薬物療法や栄養指導および運動療法指導、禁煙指導を重視し、他職種のハートチーム一丸となり、治療を進めています。
②末梢動脈疾患
 下肢末梢動脈閉塞症は増加しており、薬物および運動療法に加え、必要な症例には経皮的血管形成術(EVT)を行っています。薬剤溶出性ステントや薬剤塗布バルーンなどデバイスの進化で長期成績も改善しており、多くの症例でカテーテル治療が第一選択になっています。重症下肢虚血で傷がある症例の場合、下肢救済に血行改善が必須であることが多く、創傷治癒を目指して血行再建を行っています。
 腎動脈狭窄に対しても、腎機能保護や高血圧コントロールの観点からステント治療が有効であり、動脈硬化症例では血管エコーによるスクリーニングを積極的に行っています。
③不整脈疾患
 発作性上室頻拍や心房細動などの頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療を積極的に行っており、累計3000件以上の実績があります。洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈には、従来のペースメーカーに加えて、適応症例にリードレスペースメーカー移植を行っています。原因不明の再発性失神症例に対して、植込み型心電計による精査を行っています。心臓突然死予防の植込み型除細動器移植術や重症心不全に対する両心室ペースメーカー移植術も行っています。出血リスクの高い心房細動症例に、経皮的左心耳閉鎖術を行っています。

④心不全
 重症心不全に対しては、CCUにてIABPやPCPSなど補助循環装置を用いた急性期治療を行ってきました。2020年から最新の補助循環用ポンプカテーテル(インペラ:IMPELLA)も導入され、より重症症例に対しても対応可能な状況になりました。両心室ペーシングを含めた植込型デバイスやASVなど呼吸補助療法も適応症例に対して積極的に介入を行っています。近年、ARNI/SGLT2阻害薬といった新規心不全治療薬が上市され、至適薬物療法もより強化されています。このように、増加する心不全症例への対応は急務であり、予後改善に向けて全メディカルスタッフが一丸となり、日々の診療にあたっています。また、急性期治療だけでなく終末期医療である心不全緩和ケアにも取り組んでいます。

⑤心臓弁膜症

 重症大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の施設基準を2015年に取得し、これまで200名を超える患者さんに治療を行い、良好な治療成績が得ております。従来開心術が困難であった患者さんが主な対象でしたが、近年治療の適応が拡大してきており、対象となる患者さんが増加しております。引き続き安全かつ確実な治療を行っていきたいと考えています。また、僧帽弁疾患に関して、僧帽弁狭窄症に対してはバルーン拡張術なども行っています。僧帽弁閉鎖不全症に対しては2021年8月より経皮的僧帽弁クリップ閉鎖術を開始いたしました。僧帽弁閉鎖不全症に対する治療の第一選択は開心術で、この治療は開心術のリスクが高く、治療が困難な患者さんが主な対象となりますが、これまで薬物治療だけでは不十分であった患者さんに、新たな低侵襲カテーテル治療の選択肢が加わりました。
 カテーテル治療の最大のメリットは低侵襲で早期退院が可能なことですが、開心術の方がある患者さんにとっては適切である場合も多く、一人一人の患者さんにどういった治療が必要であるかを心臓外科としっかりと協議し、ハートチームで最善の治療方法を提供するように心がけております。

実績

診療予定表

午前

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日

岡田 知明
川口 朋宏
津島 龍

土井 正行
清山 浩介
大河 啓介(第1・3・5週)
須藤 雄也(第2・4週)

大河 啓介
髙橋 正彦
岡 明宏

野坂 和正
尾﨑 正知

十河 将弘
高木 航

午後

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日

岡田 知明
川口 朋宏
津島 龍

土井 正行
清山 浩介
ペースメーカー外来

大河 啓介
髙橋 正彦
岡 明宏

野坂 和正
尾﨑 正知
鵜川 聡子(弁膜症)

十河 将弘
高木 航

※医師が学会等出張の場合、休診となることがあります。

○受付時間は午前8時15分~午前11時
(再来受付機 予約診療:午前8時15分~午後4時
       予約外診療:午前8時15分~午前11時)

スタッフ紹介

どい まさゆき

土井 正行

土井正行

職種 役職

医師 主任部長(診療科長)

出身校 卒年

岡山大学 平成6年

専門

虚血性心疾患
末梢動脈疾患
動脈硬化

資格

  • 博士(医学)(岡山大学)
  • 岡山大学医学部医学科臨床教授
  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会 循環器専門医・社員・FJCS
  • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医・指導医・代議員
  • Fellow of the European society of Cardiology
  • 日本高血圧学会 専門医・指導医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 臨床研修指導医養成講習会修了
  • 植込み型除細動器/ページングによる心不全治療研修履修
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)施行医・指導医

おおかわ けいすけ

大河 啓介

大河啓介

職種 役職

医師 部長

出身校 卒年

香川大学 平成14年

専門

不整脈疾患
循環器一般

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
  • 日本不整脈心電学会 不整脈専門医
  • 植込み型除細動器/ページングによる心不全治療研修履修
  • 臨床研修指導医養成講習会修了

たかはし まさひこ

髙橋 正彦

髙橋正彦

職種 役職

医師 部長

出身校 卒年

杏林大学 平成14年

専門

虚血性心疾患
不整脈疾患

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医
  • 日本不整脈心電学会 不整脈専門医

のさか かずまさ

野坂 和正

野坂和正

職種 役職

医師 部長

出身校 卒年

岡山大学 平成15年

専門

虚血性心疾患
末梢動脈疾患
構造的心疾患(SHD)

資格

  • 博士(医学)(岡山大学)
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医
  • 植込み型除細動器/ページングによる心不全治療研修履修
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)施行医

おかだ ともあき

岡田 知明

岡田知明

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

香川大学 平成17年

専門

循環器一般

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
  • 日本心臓リハビリテーション学会 指導士

うがわ さとこ

鵜川 聡子

鵜川聡子

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

香川大学 平成17年

専門

循環器一般

資格

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本超音波医学会 超音波専門医

そごう まさひろ

十河 将弘

十河将弘

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

岡山大学 平成20年

専門

循環器一般

資格

  • 日本内科学会 認定内科医

おざき まさとも

尾崎 正知

尾崎正知

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

香川大学 平成20年

専門

循環器一般
不整脈疾患

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医
  • 植込み型除細動器/ページングによる心不全治療研修履修
  • 臨床研修指導医養成講習会修了

かわぐち ともひろ

川口 朋宏

川口朋宏

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

東北大学 平成20年

専門

循環器一般
構造的心疾患(SHD)

資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
  • 植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修履修
  • 日本経カテーテル心臓弁治療学会 TAVR実施医・指導医(SAPIENシリーズ・CoreValveシリーズ)

たかぎ わたる

髙木 航

髙木航

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

鹿児島大学 平成22年

専門

循環器一般

資格

  • 博士(医学)(岡山大学)
  • 日本内科学会 認定内科医

せいやま こうすけ

清山 浩介

清山浩介

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

愛媛大学 平成22年

専門

循環器一般

資格

  • 日本内科学会 認定内科医 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医

おか あきひろ

岡 明宏

岡明宏

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

香川大学 平成23年

専門

循環器一般

資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
  • 日本心臓リハビリテーション学会 指導士

すどう ゆうや

須藤 雄也

須藤雄也

職種 役職

医師 医長

出身校 卒年

自治医科大学 平成24年

専門

循環器一般

資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医

つしま りゅう

津島 龍

津島龍

職種 役職

医師 技師

出身校 卒年

香川大学 平成26年

資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医

みやぎ りょうすけ

宮木 亮輔

宮木亮輔

職種 役職

医師

出身校 卒年

岡山大学 平成31年