診療科・部門紹介

診療内容

糖尿病看護相談外来

糖尿病の治療を続けている患者さんを対象に、自宅で行っている食事療法・運動療法など日常生活や治療についての、疑問や不安などの相談をお受けしています。
また、当院で糖尿病教育入院を受けた患者さんが、退院後入院生活で考えたことが実行できているか、お話を聴きアドバイスさせていただいています。
足のトラブルを予防する為の指導やフットケアもしております。
糖尿病の合併症である腎症の進行を予防するために、医師・管理栄養士などと共にチームで患者さんに支援いたします。

糖尿病のために、食事療法や運動療法をやっているのに血糖が下がらない
何らかの原因で食事療法や運動療法が出来ない
どのようにすれば良いかわからない
低血糖が不安
風邪をひいたりして体調が悪いときにどうしたらよいか不安
食事が食べられない時薬や注射をどうしたら良いかわからない
合併症が心配だけど、どんな事に気をつけたらよいか不安

など、糖尿病の療養生活での疑問や不安をお聞かせください。
糖尿病と共に過ごすより良い方法を私たちと一緒に考えてみませんか。

担当

糖尿病看護認定看護師・日本糖尿病療養指導士

受診について

当院で糖尿病の治療を受けられている患者さんは、主治医・外来看護師にお尋ね下さい。

内容により負担金が発生する場合があります。

糖尿病療養指導外来(フットケア外来)

糖尿病の患者さんを対象に、自宅での足の清潔の保ち方や靴・靴下の選び方、爪きりの方法など、フットケアを行いながらアドバイスをさせていただいています。また、目が見えにくかったり、手が届かなかったりして自分で爪きりや足の観察・ケアが出来ない方には定期的に外来でフットケアをさせていただいています。

糖尿病の患者さんの中には、足の傷が治りにくく潰瘍や壊疽になる方がいらっしゃいます。そのようなことにならないために、足の観察や手当の方法を身につけませんか。

足のケアを行いながら糖尿病の療養生活全般の疑問や不安にも、お答えできればと考えています。

外来日

第2・3・4週目の木曜日午後

場所

外来 1階 ストーマケア室(Aブロック)

担当

糖尿病看護認定看護師・日本糖尿病療養指導士・糖尿病リンクナース

受診について

予約制になっていますので、糖尿病患者さんは主治医・外来看護師にお尋ね下さい。

※保険の種類により違いますが、170円~510円の負担金を頂きます。

前のページへ戻る