診療科・部門紹介

業務内容

医療機器あるところに臨床工学技士あり

臨床工学の知識と技術を駆使し、医療の安全と質の向上に貢献します。

血液浄化業務

血液浄化とは、体内の血液を採って、きれいにして再び体内へ返すことです。
採った血液は回路を流れ、フィルターで病因物質を除去する仕組みです。
我々、臨床工学技士はこの治療法に使用する機器の操作および保守管理を行い、一般病棟での個人透析、DFPP、LCAP、CART、CHDF等医師の指示に応じて様々な血液浄化に対応しています。
さらに、自宅に透析機器を設置し、自身で血液透析を行う在宅血液透析も行っています。

当科で実施している血液浄化療法

  1. 血液透析 (主に腎不全などに行います)
  2. 白血球除去療法(LCAP、GCAP) (主に潰瘍性大腸炎などに行います)
  3. 復水濾過濃縮再静注法(CART) (主に難治性腹水症などに行います)
  4. 二重濾過血漿交換(DFPP) (免疫疾患、C型肝炎などに行います)

循環器業務

電気生理学的検査、カテーテルアブレーションでは波形解析・期外刺激設定、治療に必要な材料の用意・管理等を行っています。

ペースメーカー業務では植込み手術での設定、外来でのプログラマ・遠隔モニタリングシステムを使用し定期チェック等、臨床工学技士が中心となりペースメーカー管理を行っています。

人工心肺操作業務

心臓手術を行う場合、一時的に心臓を止めて血流を遮断させる為、血液ポンプ(人工心臓)を使用し全身への血流を代行します。また、心臓を止めると肺への血流も遮断されるので、人工肺にて肺のガス交換を代行し熱交換器で体温をコントロールします。

他にも心臓は止めず手術中循環及びガス交換をサポートする補助循環も行ってます。

臨床工学技士はこの装置の組立、手術中の操作を担当し、医師・看護師と連携を取ながら手術がスムーズかつ安全に行われるように努めています。

当科では現在5名体制でいかなる緊急手術にも対応しています。

人工心肺とは?

心臓の役割は酸素の多く含んだ血液を全身に送る届ける体循環と、全身の組織で消費され酸素の少なくなった血液を肺に送り酸素化する肺循環を行っており、休みなく機能しています。

心臓弁膜症、大動脈瘤などで、手術する場所が心臓やその周囲になる場合、一時的に心臓の動きを止めなくては手術が出来ません。しかし、その間も、全身の臓器に酸素の含んだ血液を送る必要があり、心臓を止めても安全に手術が出来るように、心臓と肺の機能の代わりをするものが人工心肺です。

患者さんの大静脈から血液を脱血し、その血液を人工肺で酸素を与えて大動脈に送ります。また、心臓の筋肉を栄養している血管(冠動脈)に、心臓の拍動を安全に止めることが出来る薬剤(心筋保護液)を注入し、心臓を一時的に止めます。このように、人工心肺を使用すると、心臓や、心臓周囲の血管の手術が安全に行うことが出来ます。

これら、人工心肺を操作しているのが臨床工学技士で、人工心肺操作中は血圧、体温、血液検査のデータなど、多くの情報から運転条件を変化させ患者さんの体を守ります。人工心肺装置以外にも手術に必要な装置、自己血回収装置、冷温水槽、などさまざまな医療機器の操作も行い、円滑な手術の進行をサポートしています

補助循環

手術室業務

当院、手術室では日々数多くの医療機器が患者さんのために使用されています。臨床工学技士は手術に必要な医療機器のセッティング・点検・メンテナンスを通して日々の手術が安全に行えるよう努めています。
臨床工学部では現在、2名の早出勤務者が朝一番に手術室へ出向き麻酔器・生体情報モニターなどの治療に使用する医療機器に異常が無いかチェックを行っています。
また、手術室内に常駐スタッフを配置し、体外循環業務だけで無く、ロボット支援手術装置ダ・ヴィンチSiの準備や、整形外科領域のナビゲーション装置操作も行っています。

ME機器中央管理業務

当科では安全で効率的な機器の運用を目的としたME機器の中央管理を行っています。
シリンジポンプ、輸液ポンプ、経腸輸液ポンプ、低圧持続吸引器、人工呼吸器、 高流量酸素療法器、加温加湿器、ネブライザーといった汎用的機器の計250台が対象です。
ME機器管理システム「Me-ARC」を利用して所在と履歴、清掃、定期点検、保管などの管理を行っています。
返却された機器は終業点検し、いつでも貸し出せる状態で機器管理室に保管しています。

前のページへ戻る