診療科・部門紹介

循環器内科

診療内容

香川県立中央病院循環器科は昭和57年から心臓カテーテル検査を始め、昭和60年からバルーンによる血管の拡張治療(PTCA)を始めた、歴史ある循環器科です。

診療の理念

患者さん一人ひとりの権利を尊重し、心のこもった安全で質の高い医療を提供します。

基本方針

  1. ご理解いただける説明責任を果たし、患者さん自身の治療選択権を尊重します。
  2. 医の倫理にかなった、心のこもった医療を提供し、患者さんにご満足いただけるよう努めます。
  3. 最新医療の研鑽に努め、患者さんの要望にそった最高の医療の提供に努めます。

救命センターの設備と治療法の施設基準について

  1. 救命センター30床
    ・・・CCU4床、準CCU7床(CCUと同レベルのモニタリング可能)
  2. 医療機器
    ・・・人工呼吸器2台、IABP3台、PCPS1台、除細動器4台、対外式ペースメーカー4台、経食道ペーシング1台。X線透視装置1台
  3. 心カテ室
    ・・・デジタルシネ1台、DSA2台
  4. 検査関連機器
    ・・・心臓核医学検査装置2台、心エコー3台、血管内エコー2台、超音波ドップラー血流監視装置1台、トレッドミル1台、自転車エルゴメーター2台、ホルター心電図記録装置4台
  5. 施設基準
    ・・・(1)PTCA (2)ステント留置術 (3)DCA (4)高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによる冠動脈形成術 (5)大動脈内バルーンパンピング (6)ペースメーカー移植術 (7)植え込み型除細動器移植術 (8)補助人工心臓 (9)その他

循環器科で行っている主な治療方法

  1. 冠動脈ステント治療
  2. ペースメーカー、植え込み型除細動器、両室ペースメーカー
  3. 不整脈の治療。
  4. 心臓弁膜症の治療。
  5. 末梢動脈の狭窄の治療
  6. 静脈血栓症の治療

虚血性心疾患の治療

さらに、2012年より不整脈に対し、アブレーションに力を入れています。 心房細動に対するカテーテルアブレーション治療の積極的に行っています。

植え込み型ペースメーカー、植え込み型除細動器、両室ペースメーカーの植え込みも多数行っています。

実績

診療予定表

午前

土井 正行

坂根 弘祐

松尾 直朗
土井 正行

岡田 知明

大河 啓介
大河 啓介
(不整脈)

十河 将弘
鵜川 聡子

野坂 和正
高橋 正彦

坂根 弘祐

午後

土井 正行

坂根 弘祐

松尾 直朗
土井 正行

岡田 知明

*ペースメーカー
外来
大河 啓介
(不整脈)

十河 将弘
鵜川 聡子

野坂 和正
高橋 正彦

坂根 弘祐

※医師が学会等出張の場合、休診となることがあります。

○受付時間は午前8時15分~午前11時
(再来受付機 予約診療:午前8時15分~午後4時 予約外診療:午前8時15分~午前11時)

スタッフ紹介

前のページへ戻る