診療科・部門紹介

肝臓内科

診療内容

肝臓内科では現在院長補佐 診療科長 高口 浩一、部長 永野 拓也、部長 妹尾 知典、部長 筒井 朱美の4名がスタッフとして働いており、内視鏡を中心に診療をしている消化器内科の先生方や初期臨床研修医の先生方の力を借りながら、B型、C型慢性肝炎や急性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、肝硬変、肝性脳症、肝細胞癌の治療に従事しております。

実績

C型慢性肝炎のペグインターフェロンリバビリン療法はのべ550症例を超えており、県下でもまた中四国地方でも1-2位を争う症例数を経験してきております。また新しいプロテアーゼ阻害剤(テラプレビル)を併用した3剤併用療法も32例に第2世代のプロテアーゼ阻害剤であるシメプレビルを併用した3剤併用療法も36例に行い良好な治療成績を得ています。2014/10からの内服2剤の新薬である抗ウイルス薬(ダクラタスビル、アスナプレビル)も当院では積極的に行っており100例近い患者さんに治験も含め投与をしております。また治療が難しい患者さんがおられれば手軽にご紹介頂き受診していただければと考えております。またB型肝炎に対する核酸アナログ製剤の投与症例は約200例以上、肝細胞癌に対する肝動脈塞栓術は250例程度、経皮的ラジオ波焼灼術の症例数も年間100-120例と県下ではトップクラスの症例数に治療を行っており、拠点病院としての役割を果たしてきております。

経皮的ラジオ波焼灼術の年間推移

肝動脈塞栓術

診療予定表

午前

妹尾 知典 筒井 朱美 高口 浩一 永野 拓也 筒井 朱美

午後

妹尾 知典 永野 拓也 高口 浩一 永野 拓也

※医師が学会等出張の場合、休診となることがあります。

○受付時間は午前8時15分~午前11時
(再来受付機 予約診療:午前8時15分~午後4時 予約外診療:午前8時15分~午前11時)

スタッフ紹介

前のページへ戻る