香川県立中央病院 脳腫瘍センター

お問い合わせは 087-811-3333

 

診療について ドクター紹介 診療実績

ごあいさつ

ごあいさつイメージ

脳腫瘍は、「脳」という人間の尊厳に関わる重要な臓器に発生する腫瘍です。そのため、正常な神経の機能を妨害し日常生活に支障をきたすばかりか、生命中枢としての脳を機能させなくなり生命にかかわる事態を招くこともあります。したがって治療の目標は、繊細な脳神経をいっさい傷つけず、腫瘍だけを全て消し去るという、一見両立することが非常に困難な難題を抱えています。

脳腫瘍は、正常神経と隣り合わせで発生します。そのため、治療においては、手術に限らず、正常な神経を傷つけないように腫瘍をごあいさつイメージコントロールして治癒を達成することが求められます。このように、脳腫瘍の治療は非常に高度の技術が求められます。

そこで、脳腫瘍の治療には、脳神経外科手術のみならず、術後の放射線治療や化学療法が必要になることがあります。このような、様々な治療法を組み合わせて治療することを「集学的治療」と呼びますが、近年の医療の進歩により、治療方法はそれぞれの領域でますます高度になっており、専門的な知識と技術、設備が必要になっています。

ごあいさつイメージ

そのため、各々の患者さんの治療は複数の診療科にまたがって行われますが、脳腫瘍センターは、脳神経外科、血液内科、放射線科が中心となり、それ以外の関連する診療科も含めて、診療科間の連携を強めることによって、脳腫瘍に特化した診療により、よりよい治療結果が得られるできるよう設立されました。私たちは、香川県におけるがん医療の中核的病院として、脳腫瘍センターの設立により、香川県そして広くは四国在住の患者さんに、安心して専門的な脳腫瘍治療を受けていただけるチャンスを広げたいと願っています。

三本柱

脳腫瘍センターの特徴

目 標

  1. 腫瘍に対する目に見える治療効果
  2. 脳神経機能を最大限に温存
  3. 低侵襲で患者負担を軽減

各種先進的モダリティ

  • 神経ナビゲーション
  • 神経内視鏡手術
  • 覚醒手術
  • 定位放射線治療装置(ノバリスTx)
  • 化学療法のためのクリーンルーム
  • 神経モニタリング装置

(脳腫瘍センターコンセプト図は手術部看護師 三谷優子さんのデザインです)