患者さん・ご家族の方へ

入院のご案内

入院患者さんへ

私たちは、入院患者さんが1日も早くお元気になられますよう、できる限りご満足いただけるような医療サービスを提供いたします。

看護・診療計画について

・入院診療計画書等で治療、手術、処置等について説明いたします。

・病棟看護師は交代で勤務しています。
受け持ち看護師は決まっていますが、チームでケアを行います。

・当院は高度急性期型の病院であるため、次のような場合がありますが、
ご理解とご協力をお願いします。

○救急患者等により、入院予定日が変わることがあります。

○病状により、病室やベッドの位置を変わっていただくことがあります。

○救命救急センター、HCUでは、男女同室をお願いすることがあります。

○病状の落ち着かれた患者さんには、適切な医療機関への転院をご案内させていただきます。

入院中の他の科の外来受診について

入院中の外来受診(他科)につきましては、入院中の治療における主な疾病に関連し、必要性の高い場合は受診をお願いしていますが、その他の場合は、歯科口腔外科を除き、退院日の翌日以降に受診していただきますようお願いいたします。
病状・治療・薬等についてご不明な点がありましたら、遠慮なく医師・看護師等の職員にお尋ねください。

入院の手続きに必要な書類等

入院時に入院受付(1階正面入口ロビー7番)に提出いただくものは次のとおりです。
なお、交通事故・労働災害により入院される場合は、必ず入院受付にお申し出ください。

限定額適用認定証(高額療養現物給付制度)について
ご加入の健康保険から発行される「限度額適用認定証」を提示いただければ、以下の算式に基づき、病院へ払う1か月分の医療費(保険適用分)が、一定の限度額までで済みます。(なお認定証の提示は70歳未満の方全員が必要となります。70歳以上の方については所得によって必要になる場合がありますので、詳しくは、加入されています健康保険の窓口へお問い合わせください。)

  • ※食事負担金や特別室料などの保険適用外の料金は対象外です。
  • ※この制度は、病院窓口に認定証をご提示いただいた日の属する月の医療費から対象になります。前の月に遡ることはできませんので、お気をつけください。また、限度額適用認定証を利用されなかった場合でも、負担額が一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分について、払い戻しされる制度がありますので、健康保険証に記載されている保険者にお尋ねください。

くわしくはこちら [PDF]

入院時にお持ちいただくもの

入院時には次のものをご用意ください。

  • 各科外来、入院・検査説明センターから説明を受けたもの
  • 使用中の薬(薬袋)、お薬説明書、お薬手帳
  • 印鑑、筆記用具
  • 洗面用具
    タオル、石鹸、歯磨き用品、くし、シャンプー、髭剃り 等
  • 食事用具
    箸、スプーン、コップ 等
  • その他必要な日用品
    はきもの(履きなれた運動靴のようなゴム底で滑りにくいもの。スリッパは滑りやすく危険です。)、ティッシュペーパー、肌着、バスタオル、寝衣
  • ※寝衣については有料(1日72円)でご利用いただけます。(サイズL、Mのみ)
    ご希望の方は、「病衣(ねまき)使用の確認(同意書)」をご提出ください。
  • ※入院中に必要な日用品は、1階の売店でもお求めいただけます。
  • ※貴重品及び多額の現金は、盗難防止のため、お持ちにならないようにお願いします。
  • ※ナイフ、はさみ等の刃物類(果物ナイフを含みます。)及びライター等の火器類は病院内での事故防止のため、持ち込みできません。

当院では、おむつを使用されている患者さんの安全性・快適性の向上のために、適切なおむつを提供し、ケアを行っており、おむつをご持参いただく必要がありません。
利用料金は、次のとおりです。

お薬について

※他の入院機関で処方してもらっているお薬を入院中に継続使用されている方は、お薬が少なくなってきたらお早めに医師、薬剤師、看護師などにご相談ください。
(ご家族の方が入院中の患者さんの代わりに他の医療機関へお薬をもらいに行く事はお控えください。)

お持ちいただいたお薬(持参薬)の管理について

  1. 看護師が持参薬をお預かりします。
    すべてのお薬と一緒にお薬手帳やお薬説明書などもお渡しください。この時、お薬の服薬状況(きちんと飲んでいるかどうか)や、実際の飲み方など(自分で調節して飲んでいる場合など)をお聞きしますので、お知らせください。
  2. 薬剤師が持参薬の内容を確認します。
    お預かりしたお薬は薬品名、用法、用量などを薬剤師が確認します。この時に、重複投与(同じお薬が重なって処方されていること)や相互作用(お薬の組み合わせによって一緒に使用すると効果を強めあったり弱めたりすること)などの確認を行います。また、手術などで中止の必要な薬の確認や、代わりの薬の提案などを行います。
  3. 医師が継続して服用する薬を決めます。
    持参薬の中から、患者さんの病状や入院中の治療などを考慮して、継続して使用する薬を決定し指示します。

入院中の過ごし方

  • ・入院中の食事は治療に重要な役割を果たしていますので、病院が提供します。
    飲食物の持ち込みは衛生と治療上の観点から原則禁止しております。

    ・栄養相談をご希望の場合には医師又は看護師にお申し出ください。

    ・お茶はデイルームにある配茶器をご利用ください。

  • ・病室にプリペイドカード式のテレビと冷蔵庫を備えています。
    プリペイドカードは各階中央のデイルームで購入できます。
    また、プリペイドカードは1階のプリペイドカード精算機で精算できます。

  • ・入浴(シャワー浴)は主治医の許可が必要です。入浴動作が困難な方には、必要に応じて看護師等が入浴の介助をいたします。

  • ○入院中の外出・外泊は、主治医の許可が必要です。

    ・外出・外泊を希望される場合は、看護師にお申し出の上、予定の前日の16時までに「外出(泊)許可願」を提出してください。(土日、祝日にかかる場合は、その前の平日の16時までに提出をお願いします。)

    ・病棟を出られるとき及び病棟にお帰りのときは、必ず看護師に声をおかけください。

    ※事前の申し出なく外出・外泊等により食事をキャンセルされた場合、食事をお召し上がりにならなくても食事費用は、患者さんのご負担となりますので、必ず指定の時間までに看護師へお申し出ください。

    ※外出・外泊をして他の医療機関の外来受診を希望する場合、必ず主治医の了解を得てください。主治医が了解した場合でも、外来受診した医療機関では健康保険が適用とならず、全額患者さん負担となることがあります。

  • ・病棟のコインランドリー(有料)をご利用いただけます。

    ※テレビ・冷蔵庫が利用できるプリペイドカードで利用することもできます。
    カード使用の場合、上記料金100円が95円となります。

  • ・入院時に病棟内の施設についてご案内をします。

    ・ご家族の付き添いは、患者さんの病状によって、担当医師及び看護師長が必要と認めた場合に限り、許可されます。

    ・患者さんの病状により、医師又は看護師が治療上若しくは安全のために必要であると判断した時は、安全帯で四肢や体幹の行動を制限させていただくことがあります。

    ・患者さん宛の郵便は病棟までお届けします。
    宛先に「香川県立中央病院 ○○病棟」とご記入ください。

    ・病室に入ったところに氏名表示板を設置しています。画面に触れると患者さんのお名前が表示されます。原則としてお名前は表示することとしていますが、希望されない場合には表示はいたしません。また、お見舞い等を目的とした外部からの問い合わせについても、患者さんが希望されない場合は、入院の有無についてお答えしないように対応いたします。(注)
    (注)
    外部の方からの入院に関する問い合わせについて回答を希望されない場合は、患者さんのご家族を含め全ての方にお答えできませんので、今回のご入院についてお知らせしたい方がいらっしゃる場合は、あらかじめ患者さんの方からご連絡をお願いします。

    ※入院時に提出していただく「個人情報の取扱いに関する意向の確認」に基づき対応いたします。

入院中のお部屋

お部屋は4人部屋が標準です。ベッド、トイレ、洗面所、床頭台(病床のそばに置いて使う、引き出しや戸棚の付いた台)、ロッカー、テレビ(有料)、冷蔵庫(有料)等を揃えております。
病室は診療・看護の観点から決定していますので、診療の都合でお部屋やベッドの位置を移動していただくことがありますので、予めご了承ください。空いているベッドを使用されますと緊急入院の患者さんの受け入れに支障を来しますので、お控えください。
個室もありますので、ご希望の方は医師又は看護師にお申し出ください。ただし空室がない場合などはご希望に添えないこともあります。
1日当たりの個室等の使用料は、以下のとおりです。なお、「入室された日」、「外泊中」、「退院された日」についても、その日の使用料がかかります。また、病室を移動された日の使用料は、移動後の病室の料金を算定させていただきます。


1人部屋 LDR

4人部屋 産科病棟

入院中のお食事

入院中は栄養管理計画書を作成し、治療の一環として患者さんの病状に合わせた食事を主治医の指示のもとにお出しします。
配膳時間は次のようになっています。

ご入院の時間や外出・外泊のお申し出をされた時間によっては、食事の開始・中止が次の食事からとなる場合がありますので、ご了承ください。

飲食物の持ち込みは、治療上・衛生上の問題がありますので、ご遠慮ください。

患者さんにお食事を喜んでいただけるよう選択食お祝い膳などを提供しています。

  •  普通食、やわらか食、妊婦食、学童食を召し上がっている患者さんを対象として週3日程度実施しています。食事の選択方法は、主菜、副菜2種類、果物を各々2~3品の中から1品選んでいただくフルセレクト方式になっています。
    昼食ではうどんやカレーライス、炒飯なども選択できます。

  •  新しいご家族の誕生を祝福して「お祝い膳」を夕食に1回お出ししています。

入院費

入院費は、入院診療費と食事にかかる費用の自己負担額に、特別室(個室・特別室等)料、文書(診断書)料など、健康保険適用外の料金を合計した金額になります。

入院医療費の算定方法について

当院は、厚生労働大臣が指定する『DPC対象病院』として入院診療費の算定方法を変更しています。
以前は、それぞれの検査や治療の料金を合計して診療費を算定する『出来高払い方式』でしたが、平成21年4月からは、患者さんの入院の目的となる病名や状態、診療内容によって1日当たりの診療費を決める『DPC(包括払い)方式』となっています。

※労災保険や自費診療の方、非常に長期に入院される方等は、従来の「出来高方式」での計算となります。

※入院中に病名が変更(決定)した場合は、入院初日にさかのぼって新たに確定した病名で診療費の計算をやり直します。この場合、月をまたがって入院されている方は、既にお支払いいただいた月の診療費について、退院月の入院費で過不足を調整させていただくことになりますので、ご了承ください。

  • 入院料の計算は健康保険法等の規定により、泊数ではなく1日(暦日)単位で計算します。

    (例)1泊2日入院の場合、入院料、特別室料は2日分で計算することになります。

入院時食事療養費について

入院診療費とは別に食事負担金(1食360円)をご負担いただきます。
市町民税非課税世帯等の方及び老齢福祉年金受給者の方で、ご加入の保険者(75才以上の方は市町村)発行の「標準負担額減額認定証」をお持ちの方は、自己負担額が減額されますので、入院手続きの際に1階入院受付(7番)にご提示ください。
なお、ご提示がない場合は、一般の方と同様の取扱いとなります。

特別室料(保険適用外)

個室、特別室及び産科病棟の4人部屋、LDRを利用される場合は、1日につき別途料金がかかります。
料金等の詳細は、「入院中のお部屋」をご覧ください。

その他保険適用外の項目(主なもの)

入院費用の請求・お支払い

  • 入院費については、退院日に請求書をお渡ししますので、退院時に1階の自動精算機又は「お支払(6番)」窓口でお支払下さい。
    ただし、月をまたいで翌月の10日以降も入院中の患者さんには、月末で一旦締め、翌月10日頃に請求書をお届けしますので速やかにお支払いください。
    なお、退院時間までに入院費の計算が間に合わない場合や、土・日・祝日・年末年始(12/29~1/3)及び平日の時間外に退院される患者さんには、ご自宅に請求書を送付させていただく場合がありますのでご了承ください。

    ※「お支払(6番)」窓口・自動精算機の取り扱い時間は次のとおりです。

    ※クレジットカードも利用できます。

  • 不明な点がありましたら、お支払いになる前に医事課入院担当までお問い合わせください。
  • 領収書は高額療養費の払い戻しや所得税の医療費控除等に必要となりますので、大切に保管してください。
  • 請求書をお渡しする際、併せて個別の医療費明細書をお渡ししますが、明細書が不要な方はお申し出ください。

相談窓口

地域連携室(1階 8番)
「療養上、困っていること」、「医療費のこと」、「入院に関しての不安」等の各種の相談に応じています。いつでも気軽においでください。(病室へもお伺いします。)
また、電話での相談もお受けしています。
詳細は地域連携室のページをご覧ください。

退院について

  • 退院には、医師の許可が必要です。
  • できるだけ多くの患者さんに医療を提供するために、次の点にご協力ください。
    ・原則として午前10時までに退院してください。
    ・急性期を過ぎて病状が安定した時点で、主治医の判断により他の病院等に転院していただくことがあります。
  • 退院日までの入院費を、1階の自動精算機又は料金支払窓口(6番)でお支払いください。
  • お帰りの際は、持参薬や退院時に処方されたお薬、その他忘れ物のないようにお確かめください。

診断書・証明書の作成依頼と受取りについて

  • 入院に関する診断書・証明書が必要なときは、1階「各種証明・文書受付(5番)」にお申込みください。ただし、交通事故で入院された方の「警察用診断書」や職場へ提出される「診断書」等、手続き上お急ぎの場合は、早めに病棟スタッフにご依頼下さい。

    ※お申し込み後(文書の作成後)のキャンセルはできませんので、あらかじめ提出先(保険会社等)に必要の有無をご確認の上、お申し込みください。

  • 診断書等の作成には、作成依頼後2週間程度かかります。

    ※診断書によっては、退院日以降でないと作成できないものがあり、その場合は退院後2週間程度かかります。

    ※当院から作成完了のご連絡はいたしておりませんので、お手数ですが受け取りに来られる際は、作成済かどうか電話で外来各ブロックへご確認ください。
    【電話番号】 087-811-3333(代表)
    【お問い合わせ時間】平日 14:00~17:00

  • 診断書等のお申し込み時に「書類引替証」をお渡ししますので、後日、この引替証を1階「各種証明・文書受付(5番)」までご持参いただき、診断書等をお受け取りください。その際に文書料のお支払をお願いいたします。
  • 取扱い時間は平日(祝日・年末年始を除く)の8:30~17:00です。

    ※上記時間以外での取り扱いはできませんのでご了承下さい

(注1)診断書・証明書は患者さんの大切な個人情報ですので、申し込みと受け取りの際には、患者さんご本人であることを確認させていただきます。

(注2)ご本人以外(家族を含む)の方が申し込みや受け取りをされる場合は、ご本人の委任が必要です。委任状及び代理人の方の本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)をご持参ください。

非常災害時の注意

  • 病院内の避難経路等は「入院オリエンテーション」の病室案内図で確認しておいてください。火災・その他の災害などが発生した時は、職員の指示に従ってください。

  • 火災・その他の災害などが発生した時は、職員の指示に従ってください。

    ※避難時には、エレベーター、エスカレーターを使わないでください。

携帯電話(スマートフォンを含む)・タブレット型端末等の使用について

院内ではマナーモードに設定してください。使用禁止区域では電源をお切りください。

  • 使用禁止区域

    ・手術室、ICU、HCU、CCU、新生児未熟児室、診察室、検査室、処置室等

    ・医療機器が近くにある場合や医療機器を装着している患者さんの近辺

  • 通話、メール、インターネット使用可能区域
    デイルーム、個室、他の患者さんの迷惑にならない場所(診察室、検査室、処置室等は使用禁止)
  • メール、インターネットのみ使用可能区域
    使用禁止区域以外で使用可能ですが、周囲の方に配慮して使用してください。

    ・無線ルーター及びテザリングは、院内で一切の使用を禁止します。

    ・使用可能区域においても、大声での通話や長時間の使用はご遠慮ください。
    なお、使用時間は6時から22時までとします。(消灯時間中は携帯電話の使用を禁止しています)

    ・診療に支障をきたす恐れがある場合は、職員の指示に従い使用を中止してください。

    ※職員は、電波の微弱な専用IP電話を使用しています。

お願い

  • 院内及び敷地内は全て禁煙です。
    受動喫煙により、他の患者さんや来院中の方のご迷惑になりますので、当院の建物及び敷地内での喫煙を禁止しております。禁煙にご協力ください。
  • 現金・貴重品はご自身で管理してください。金庫をご使用の際は、必ず施錠して下さい。
    当院では、盗難・紛失等の一切の責任は負えませんので、あらかじめご了承ください。
  • 当院では、患者誤認防止を目的に、ネームバンドの着用のご協力をお願いしています。
  • 入院中の外来受診(他科)につきましては、入院中の治療における主な疾病に関連し、必要性の高い場合は受診をお願いしますが、その他の場合は、歯科口腔外科を除き、退院日の翌日以降に受診していただきますようお願いします。
  • 入院中は、医師や看護師等病院職員の指示に従ってください。お守りいただけない場合や、入院中に院内での喫煙、飲酒、暴言、暴力、セクシャルハラスメント、無断外出等があった場合には、退院していただいたり、必要に応じて警察に通報することがありますので、ご理解とご協力をお願いします。

面会

  • 面会時間は次のとおりです。

  • 面会はデイルームをご利用ください。
    なお病状・診療上の都合で面会をお断りする事があります。
    多人数や小さなお子様連れの面会はできるだけご遠慮ください。
  • 病室での飲食はご遠慮ください。
  • 土・日・祝日・年末年始(12/29~1/3)には、病院北側の時間外出入口をご利用ください。

前のページへ戻る