初期臨床研修医

Q&A

選択研修にはどのような科がありますか?
ほとんどの科において選択研修可能です。選択研修科の中には病理、放射線読影、ICUなどもあります。各科の選択期間は自由に設定できます。例えば選択期間が合計7ヶ月間の場合、「循環器内科2ヶ月、ICU1ヶ月、放射線読影2ヶ月、心臓血管外科2ヶ月」といった選択が可能です。
整形外科、脳神経外科、小児科、産婦人科の一部を履修せず、その期間を選択研修に変えてもよいと聞きましたが、具体的にはどういうことでしょうか?
当院としては上記4科すべての履修を推奨しています。しかし例えば、すでに将来進む科が決まっており、それに関連した科の選択研修をできるだけ行いたいというような積極的な希望をもたれている方がおられるかもしれません。その場合には希望内容を伺った上で妥当であれば、上記4科のうち2科までの履修免除を認めています。
当直は月に何回くらいありますか?
当直(夜間泊)または日直(土日祝日の昼間)合わせて、月に4~5コマ程度になることが多いです。なお、当直体制は、管理当直医、外科系当直医、内科系当直医及び研修医2名の5人体制で実施しています。
後期研修医として残りたいのですが、可能ですか?
後期研修医として残っていただくことは可能ですし、歓迎いたします。各科には後期研修プログラムがあります。後期研修期間は診療科によって異なりますが、3年間のプログラムだけでなく、1年間、2年間といった短期間のプログラムを受け入れている科も少なくありません。
宿舎はありますか?
新病院では敷地内に研修医用宿舎を設置しています。一方、部屋数に限りがあるため、希望者全員が入れない場合があります。その場合には不動産の賃貸物件を当院で法人契約したうえで、賃貸料の一部を補助する形となります。一般の物件を賃貸する場合は、必ず予め事務局総務企画課にご連絡願います。
夏期休暇はありますか?
夏期休暇は5日間あります。前もって臨床研修カリキュラム内に組み込まれており、前後の土日も合わせて旅行などを計画することもできます。
有給休暇はありますか?
1年目に10日間、2年目に11日間の有給休暇があります。

前のページへ戻る