初期臨床研修医

病院概要と特徴

1. 基幹型臨床研修病院

  • 533床
  • 医師数183名(初期研修医21名)
  • 香川県高松市

臨床研修指定病院、救命救急センター、地域がん拠点病院、災害拠点病院ほか多数、各学会の施設認定病院、機能評価機構認定病院

2. 高次機能医療

  • 許可10床:麻酔科24時間管理体制
  • 設備:PCPS(心肺補助装置)、IABP、各種血液浄化装置、熱傷ベッド、クリーンルームほか→概ね何でも可能
  • 年間件数:手術5621件(全麻2894)心臓血管造影1531件、内視鏡11764件、血液透析6865件

3. 救急医療

  • walk inから3次救命救急まで
  • 救急車3403台、ヘリコプター54台、
    受診者11523人
  • 緊急検査、放射線、手術は24時間可能
  • 6名(研2、指又は上4)+麻酔医による当直
  • 全専門科のon callバックアップ体制
  • 専任救急部医師
  • BLS、ACLS講習受講(必修)

4. カンファレンス

  • 研修医教育用カンファ:モーニングミニレクチャー、モーニング画像レクチャー、救急カンファレンス、薬物レクチャー、CPCなど
  • 学会、論文:地方会へ発表(必修)、全国学会参加(任意)、論文指導(院内雑誌あり)

5. 実践的臨床トレーニング

  • 臨床トレーニングは実践で学ぶことが最も大切です。適切な指導の下に豊富な経験ができます。

6. きめ細かい管理体制

  • 毎月1回、プログラム責任者、中堅指導医、研修医、コメディカル、担当事務が集まって、より良い研修にするために情報交換をしています。

7. ちょっと一息

  • 医局会主催の研修医歓迎会(4月)
  • 医局会主催の研修医送別会(3月)
  • 琴平親睦旅行(10・11月)
  • 研修修了文集
  • 夏季休暇は毎年1週間確保 などなど

8. 研修医宿舎見取り図

前のページへ戻る