香川県立中央病院

検索

看護部紹介

看護部長からのメッセージ

 香川県立中央病院は、北に瀬戸内海、東に屋島を見渡せる自然に囲まれた病院です。
中央病院は、高度で専門的な医療に特化し、三次救急病院、地域がん診療連携拠点病院、基幹災害拠点病院などたくさんの機能を持っています。

『私たちは、香川県の中核病院として安全・安心な医療を提供し、県民や地域医療機関から信頼される病院を目指します。』を基本理念として、全職員で取り組んでいます。
 看護部の理念は『人々の生命と尊厳を守り、安全と安心を提供しよう。チーム力を高めて、いい仕事をしよう。』です。
 私たち看護職が、自信と誇りを持って、看護の専門性を発揮する方向性を明確にしています。
 看護部では、県民の皆様に愛され、信頼できる看護環境作りを目指し、ひとり一人の健康の維持、回復に向けて、看護の力を注いでいます。そして、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しており、当院も役割を果たすために努力をしているところです。

 私は、今後の社会、医療の変化を見据えた場合、社会や医療の変化に対応できる人材育成が大切であると考えています。そこで、私たちは、ひとり一人の看護職を大切に育てるための人材育成に取り組み「学習する組織づくり」を行っています。そして、看護実践現場では、看護職を目指している方々との出会いを大切にし、私たちのチーム員として、皆様をお迎えしています。

 私たちは、お互いを『承認』し合い、『学び』合い、『支え』合い、『成長』できる環境づくりを目指してまいります。

前のページへ戻る