香川県立中央病院

検索

看護部紹介

DiNQLシスターズ

当院では看護の質を数値化し、看護職の労働環境の整備と看護の質向上を図る 「労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL ディンクル)事業」に 2012年より参加しています。DiNQLシスターズとは、院内の看護師長で結成された DiNQLお世話係です。

D:ーた(データ)で


I:ろんなことが


N:~とわかる


Q:ろう(苦労)はあるが


L:ん・るん・るん!


・・・の言葉通り、看護職の背景、労働時間、人員配置や転倒転落件数や そのレベル、褥瘡発生率、誤薬件数など、DiNQLで収集したいろいろなデータから、 部署の問題・課題を見出すことができます。データの収集は大変ですが、 数値化により看護の質が可視化され、何に取り組む必要があるのかが明確になります。 また、取り組んだ課題の結果はデータとして現れるので、客観的に評価することができ、 看護実践の強化へと繋がっています。

2016年、病棟管理者(看護師長)はDiNQLデータよりデータチャートを作成し 自部署の現状を経時的に多角的に分析しました。他部署とのベンチマーク評価から 自部署の強み・弱み、課題を知り、病棟師長会においてプレゼンテーションを実施しました。 副看護師長が参加している部署もありました。

2017年は、DiNQLデータから同規模、同機能の他施設や病棟間で比較検討を行い、 自部署に求められる課題を抽出することや分析した結果を総合的に評価し病棟運営に活かしていきたいと考えています。 その分析は看護の現場力、看護実践力の向上をリードする副看護師長と看護師長が一緒に取り組み、 安心した働きやすい環境と看護実践力の強化に繋げていきます。

・・・そのためにDiNQLシスターズは日々奔走するぞぉ~と一致団結し、頑張っています。

前のページへ戻る