平成27年度 香川県立中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 671 215 288 533 817 1,178 2,644 2,932 1,835 258
当院は、高度急性期病院及び地域医療支援病院として、質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。
全体で見ると、少子高齢化社会の影響で患者さんの受療率は60歳以上に占める割合が全体の約7割となっており、高齢者の入院が多くなる傾向にあります。特に、狭心症や心筋梗塞などの「虚血性心疾患」、脳梗塞や脳出血などの「脳血管疾患」は症状が比較的重症になりやすく、割合が高くなっています。そして、90歳以上では、転倒による大腿骨頚部骨折や心不全が増加傾向にあります。
また、当院は、がん診療拠点病院であるため、幅広い年齢層の患者さんに、胃癌・肺癌などの5大癌を中心とした様々な悪性新生物に対する治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療)を行っています。一方で、40歳代を中心に子宮頚癌や子宮筋腫、乳癌といった「婦人科系疾患」が増加傾向にあるのも事実です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 急性腎盂腎炎の治療 - - - - -
040080x099x0xx 15歳以上の肺炎、急性気管支炎の治療 - - - - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 - - - - -
総合診療科では、一般外来や救急外来で、原因不明である発熱疾患が多く集まり、その中には急性腎盂腎炎の患者さんも多く見られます。また腎盂腎炎も基礎疾患を持った患者さんが多く平均在院日数が全国平均より長い傾向が認められます。また80歳以上の脳梗塞や認知症等で嚥下機能が悪くなった誤嚥性肺炎の患者さんの入院が多く、心不全やCOPD等の基礎疾患を持った患者さんが多いため治療に難渋する患者さんが多く平均在院日数が長くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃癌の内視鏡手術 115 9.7 9.2 1.7% 73.2
060340xx03x00x 胆管結石・胆管炎の内視鏡手術 80 7.7 10.9 6.3% 74.6
060020xx99x30x 胃癌の化学療法投与 50 9.2 6.7 0.0% 68.3
消化器内科では、胃癌、大腸癌、食道癌の内視鏡手術を積極的に行っており、完全切除率も極めて高いです。多くの手術を行う必要性のため、週末入院月曜手術の必要性もあるため、胃癌の内視鏡手術の在院日数がやや長いことが今後の課題です。また、胆管の結石や感染症は重症化する場合も多く、広いエリアから緊急内視鏡処置を受け入れています。処置を速やかに行い、地域に継続加療をお願いするため、転院率が高くなっています。消化器癌に対する抗がん剤治療の専門医が常勤医となり、外科内科の癌患者さんに積極的に治療を行っています。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝細胞癌に対する腹部血管造影・血管塞栓術 131 15.6 12.0 6.1% 73.3
060050xx0310xx 肝細胞癌に対する腹部血管造影・経皮的ラジオ波凝固療法 67 16.1 16.8 0.0% 71.3
060300xx99x00x 肝硬変・肝性脳症の治療 38 14.6 14.1 18.4% 71.4
肝臓内科の入院患者さんで一番多い疾患は肝細胞癌であり、多血性の肝細胞癌であれば、肝動脈塞栓術を先行し、原則的には3個以上の多発もしくは5cm以上の巨大肝細胞癌でなく、肝予備能力が手術に耐えられない、もしくは年齢による各臓器機能の低下や合併疾患によって手術に耐えられない患者さんに対してはその後に経皮的ラジオ波焼灼術を施行する患者さんが多くなってきています。病院によっては、肝動脈塞栓術と経皮的ラジオ波焼灼術を別の入院で施行してるところもありますが、当院では患者さんの利便性も考えて1入院で2つの手技を施行しているため全国の平均在院日数より肝細胞癌に対する腹部血管造影・血管塞栓術が長いものと考えられます。また肝性脳症の治療においては、難治性の肝性脳症が多いため、入退院を繰り返す患者さんが多いですがクリニカルパスを作成して食事指導や服薬管理を行います。また、転院先にも同様な治療を継続してもらうために、管理ノートを作成して転院先でも同様の治療ができるように努めています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺癌の化学療法投与 100 12.8 13.4 1.0% 69.0
040040xx9907xx 肺癌の化学療法(アリムタ注)投与 36 11.8 12.9 2.8% 66.6
040080x099x0xx 15歳以上の肺炎、急性気管支炎の治療 32 17.5 14.3 12.5% 75.3
呼吸器内科では、肺癌の化学療法の患者さんが最も多くなっております。近年肺癌患者数の増加に伴い、化学療法患者数も年々増加しております。
当科では肺癌の化学療法を行う場合、原則初回治療は2週間の入院で効果・副作用を評価し、2回目からは外来通院センターで治療を行っています。
3番目に多いのは肺炎です。高齢、重症症例が多いため、入院期間も他の疾患よりも長くなっています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(低血糖、昏睡状態除く)の治療 81 13.4 15.3 2.5% 61.9
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(低血糖、昏睡状態除く)の治療 16 14.6 14.3 6.3% 61.9
100040xxxxx00x 1型・2型糖尿病 低血糖、昏睡状態の治療 - - 14.2 - -
糖尿病・内分泌内科において、2015年4月1日~2016年3月31日までの 退院患者さんは 1型糖尿病 16例 2型糖尿病 81例 でした。 
意識障害をともなうほどの代謝障害は 5例あり、うち低血糖は1例、高血糖は4例でした。
入院期間は平均で2週間ですが、1型糖尿病は血糖管理が難しいため 少し長い傾向があります。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x30x 悪性リンパ腫の化学療法投与 54 11.6 18.2 0.0% 69.6
130010xx97x2xx 急性白血病の化学療法投与(輸血あり) 45 41.3 43.6 2.2% 58.9
130030xx99x40x 悪性リンパ腫の化学療法(リツキサン注)投与 37 17.6 17.7 5.4% 68.8
血液内科において、悪性リンパ腫は高齢化に伴い増加している疾患です。当院でも患者数は増加傾向にあり、初回のリツキサン投与の際の薬剤アレルギーコントロール目的の入院が多い傾向にあります。その他に、悪性リンパ腫の再発や治療抵抗性に対する救済療法(サルベージ療法)を場合、治療の度に入院する必要があり入院回数が多くなります。
急性白血病に対する化学療法は血球の減少が強いために入院で行う必要があり入院期間も長期間となります。
腎臓・膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性(末期)腎不全・IgA腎症・ループス腎炎などの治療(血液透析を含む) 51 10.7 13.6 3.9% 63.7
110280xx991x0x 慢性糸球体腎炎・IgA腎症腎症の生検検査 25 5.3 7.5 0.0% 45.5
110280xx99020x 慢性(末期)腎不全の腹膜透析療法 24 6.1 9.8 0.0% 65.3
腎臓・膠原病内科では腎炎・ネフローゼ症候群対する免疫抑制療法、保存期慢性腎不全患者さんの教育入院、血液透析、腹膜透析の導入などの患者さんが多くなっています。腎炎・ネフローゼの治療入院は合併症管理のため1ヶ月程度の入院となることが多いです。保存期腎不全の教育入院では病状に合わせて1-2週間程度の入院となっています。また腎生検の入院は3日間となっています。血液透析の導入では2週間、腹膜透析導入の入院では3週間が目安です。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180050xx99xxxx 原発不明癌の治療 - - - - -
100030xx97x1xx 松果体胚細腫の治療(水頭症手術及び化学療法) - - - - -
腫瘍内科では、化学療法の必要な原発不明癌や稀少がんの対象にして入院治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、陳旧性心筋梗塞などの心臓カテーテル検査 512 2.8 3.1 0.4% 71.5
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈のカテーテル手術 287 5.2 5.7 0.3% 65.0
050050xx0200xx 狭心症、陳旧性心筋梗塞などの冠動脈狭窄・閉塞に対する手術 239 4.8 4.9 1.7% 71.1
循環器内科で最も多い症例は、狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院で、2番目に多いのは心臓カテーテル治療のための入院となります。カテーテル治療については、冠動脈狭窄や閉塞に対する拡張およびステント留置術のみならず、心房細動をはじめとした不整脈に対するカテーテル治療や、末梢動脈閉塞に対する治療なども含まれます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 炎症性多発末梢神経障害の点滴治療 15 17.2 19.9 20.0% 56.0
010230xx99x00x てんかんの治療 - - 7.0 - -
010080xx99x00x 髄膜炎の治療 - - 9.9 - -
平成27年度に神経内科で入院治療を行った疾患で最も頻度が多かったのは、ギラン・バレー症候群や慢性炎症性多発根神経炎(CIDP)などの炎症性多発末梢神経障害です。当院は救急対応が可能でかつ末梢神経障害の診断に必要な電気生理学的検査ができる県内に数少ない医療機関なので、ギラン・バレー症候群やCIDPは希少な疾患でありますが、当院では多くの患者さんを受け入れています。
また、てんかん患者さんの発作に対して入院加療を行うことも多く、発作のコントロールできなければ退院できないため、コントロールの難しい症例では入院日数が長くなる傾向がありました。
3番目に多かったのは髄膜炎の入院です。神経内科疾患の入院治療に対応できる医療機関として、多くの髄膜炎患者さんの紹介を受け治療を行いました。
緩和ケア内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x00x 胃癌の疼痛管理・症状緩和の治療 - - - - -
06007xxx99x00x 膵癌の疼痛管理・症状緩和の治療 - - - - -
060040xx99x00x 直腸・肛門癌の疼痛管理・症状緩和の治療 - - - - -
緩和ケア内科において、当院でがんの診断、あるいは治療を行った患者さんのうち、自宅療養では十分苦痛の緩和ができない場合や、介護力が無く自宅で最期まで過ごすことができない患者さんで、本人とご家族が希望された場合は緩和ケア内科が担当医となり、緩和ケア病床(2床のみ運用中)へ入院して頂いています。緩和ケア内科への紹介が消化器系の患者さんの割合が比較的多いことから、緩和ケア病床に入る患者さんも消化器系の患者さんが多くなっていますが、種々のがん患者さんの診療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 15歳未満の肺炎、急性気管支炎の治療 127 4.9 5.7 0.0% 2.0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎の治療 79 4.0 5.5 0.0% 2.9
140010x199x00x 早産児・低出生体重児(2500g以上)に関連する障害(病気)の治療 71 7.3 6.2 1.4% 0.0
小児科にはRSやヒトメタニューモウィルス等による肺炎・気管支炎、マイコプラズマ等による市中肺炎などをはじめとして呼吸器感染の患児が年間を通して多く入院しています。特に乳幼児では急激に呼吸困難を呈する例もあり、十分な注意が必要です。喘息など基礎疾患を有する児は年長児でも重症化する傾向があります。消化器疾患としては冬期を中心にノロウィルス、ロタウィルスなどによる胃腸炎の入院例が増えます。いずれの疾患においても経口困難による脱水が病状の悪化や遷延につながる場合が多く、小児の体調不良時は水分管理が常に重要です。なお3ヶ月以下の早期乳児では発熱のみでも重症例が多く、見かけ上は元気でも早期の治療介入が望ましい場合が多いと考えられます。また当院では年間700件近い出産があります。小児科は産婦人科と連携し、早産児や低出生体重児に限らず、少しでも異常のある新生児はNSCUに入院頂き、十分な管理の下で必要な検査や治療をしています。入院中もご家族はNSCUに何度でも入室して頂くことが可能で、児と積極的に接することが出来ます。
消化器・一般外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸癌に対する手術治療 78 16.1 17.4 3.8% 70.7
060335xx0200xx 胆のう炎、胆のう結石に対する手術治療 70 7.2 7.8 0.0% 59.6
060020xx02x0xx 胃癌に対する手術治療 60 13.3 16.0 3.3% 67.0
消化器・一般外科において、診療した患者さんで数が多かったのは、悪性疾患では結腸癌あるいは胃癌で手術を受けた方、良性疾患では胆石症で手術を受けた方、という結果でした。大腸癌(=結腸癌と直腸癌に分類されます)は増加傾向で、臓器別のがん罹患率では男女とも2位となっています。当科での手術数も年々増加しています。胃癌は臓器別がん罹患率において、男性で1位、女性で3位です。いくらか減少傾向にあるとはいえ、依然として多い疾患です。胃癌は早期で発見されることも多く、消化器内科で行われる内視鏡的切除だけで治ってしまう方も増えています。このため、大腸癌手術よりはいくらか少ない手術数になっています。全国的な傾向です。良性疾患では胆石症の手術が多く、この中には急性胆のう炎を発症して、緊急手術を行ったケースも含まれています。抗菌療法は進歩しましたが、現在でも胆のう炎の一部は抗菌療法だけでは治すことができません。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺癌の手術 105 11.9 13.0 2.9% 69.3
040200xx99x00x 気胸の治療 23 6.1 8.3 0.0% 37.4
040200xx99x01x 気胸(肺炎合併あり)の治療 13 10.7 15.5 30.8% 71.8
呼吸器外科領域において治療対象として最も多い疾患は、肺癌です。肺癌は現在も全国的に増加しており、当院でも入院患者さんの数、手術患者さんの数ともに増加しています。当院においては、積極的に最新の肺癌治療手技を取り入れています。呼吸器外科においては、2007年より積極的に胸腔鏡下手術を導入し、2016年8月よりロボット手術などの最新外科手技を積極的に導入しています。また、肺癌の治療は集学的(関係診療科が協力して)に行うことが良いとされていますが、当院では、定位照射、PET-CTなどの最新放射線診断治療手技の放射線科、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの最新化学療法の呼吸器内科、腫瘍内科と協働して、診断から治療まで最善、最新の治療を患者さんに提供しているのも、当院の特徴です。さらに、肺がパンクした病態の気胸に対しても、胸腔鏡下手術の手技を応用して積極的に取り組んでいます。外科手術が問題なく施行できる若年者だけでなく、超高齢、低肺機能の患者さんに対しても、近隣医療施設で手術不可能と診断された患者さんであっても、香川県での呼吸器外科の最後の砦であると自覚しており、充実した設備を活かして、安全に手術を行って良好な成績を残しています。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳癌の乳房部分切除手術 48 8.9 6.8 0.0% 55.8
090010xx01x0xx 乳癌の乳房切除手術(腋窩リンパ節切除あり) 28 17.3 11.6 3.6% 59.6
090010xx02x0xx 乳癌の乳房切除手術またはリンパ節切除手術 26 13.5 10.4 0.0% 55.2
乳腺・内分泌外科は、整容性の高い乳房温存手術を基本術式としています。腫瘍の大きい症例に対しては、術前化学療法や術前内分泌療法を施行し、腫瘍を小さくしてから温存手術をおこなうこともあります。しかし、病状により乳腺全摘術を選択せざるを得ない場合もあります。その場合は、術前より形成外科医と相談し、希望があれば乳房再建手術をおこなっています。再建方法として、①人工乳房による再建②広背筋皮弁による再建③血管吻合をともなった腹部遊離皮弁による乳房再建④腹直筋皮弁による乳房再建をおこなえるようにしています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 心臓弁膜症の手術 22 27.1 25.7 4.5% 72.9
050163xx03x0xx 胸腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤のカテーテルによる人工血管挿入手術 17 14.0 13.2 11.8% 79.3
050050xx0101xx 狭心症・陳旧性心筋梗塞の手術 15 18.9 23.6 13.3% 71.7
心臓血管外科において、弁膜症は社会の高齢化に伴い増加している疾患で、特に心臓の出口にある大動脈弁が狭くなる大動脈弁狭窄症が増加しています。人工弁に置き換える弁置換術が基本的な治療法で、超高齢者の患者さんでも安定した成績で手術が行えています。一方心臓(左心室)の入り口にある僧帽弁は、きちんと閉じない閉鎖不全症が主で、自己弁を温存する弁形成術を中心に行っています。動脈瘤に対するカテーテルによる人工血管挿入術とは、いわゆるステント-グラフトのことで、特に胸部大動脈瘤では体に対する負担が開胸手術に比べ格段に軽くてすみます。通常の人工血管置換術とステント-グラフトを症例ごとに最適と思われる治療を選択するようにしています。狭心症・心筋梗塞では冠動脈バイパス術を行っており、人工心肺を使う手術と使わない手術のそれぞれの長所・短所を考慮し使い分けるようにしています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞の点滴治療(脳保護剤) 62 15.7 18.1 32.3% 70.2
160100xx97x00x 外傷性慢性硬膜下血腫、急性硬膜下血腫などの手術 56 10.4 10.0 19.6% 69.3
010230xx99x00x てんかんの治療 50 9.7 7.0 16.0% 62.4
脳神経外科では、脳卒中の急性期病変、特に脳梗塞の入院が最も多くなっております。
入院後の治療としては、発症4.5時間以内であれば、t-PAによる急性期血栓溶解療法が可能であり、また、病型によって抗血小板療法(ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞)や抗凝固療法(心原性脳塞栓症)を行います。特に塞栓性脳梗塞の場合は、カテーテルを用いたステントによる血栓採取治療も行っております。ほとんどの症例の場合には、発症24時間以内に入院することが多く、その場合には、上記治療薬に加え脳保護療法として活性酸素除去剤(エダラボン)を用いて活性酸素(フリーラジカル)を低減、脳梗塞による被害を軽減することが可能であります。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折の手術 123 26.1 28.7 82.1% 80.7
070341xx97xxxx 頚椎症性脊髄症・頚椎後縦靱帯骨化症の手術 38 20.2 22.8 36.8% 70.0
07040xxx01xx0x 股関節症・大腿骨頭壊死の手術 30 27.9 25.0 23.3% 67.6
平成27年度における整形外科の手術件数は1292例でした。高齢者に多く認められる股関節の骨折の観血的手術が最多でした。
第二位は頚椎症などに脊髄症状の改善を図る手術でした。
第三位は変形性関節症などに対する人工関節置換術の手術です。重度外傷、高齢者の骨折、脊椎や関節の変性疾患など整形外科の各領域の手術を幅広く行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂症の手術 18 3.6 3.5 0.0% 65.8
070520xx99xxxx 下肢リンパ浮腫の(保存的)治療 18 6.3 8.6 0.0% 66.1
080260xxxxxxxx 上肢リンパ浮腫の(保存的)治療 11 6.8 10.1 0.0% 63.2
形成外科では、顔や手足など身体表面の傷や変形を正常に治すことを主な目的としています。ケガ、やけど、腫瘍、皮膚潰瘍、乳房再建、顔面骨折、あざ、先天異常、がんの切除・再建などを治す外科系の専門領域です。リンパ浮腫とは様々な原因によってリンパ液の流れが滞ることで起こる四肢の浮腫です。原因としては日本では悪性腫瘍の手術や放射線治療、あるいは外傷や感染によるものが圧倒的に多くなっています。早期に予防することで進行を遅らせることが可能です。軽症例では弾性包帯やストッキング、マッサージなどの保存的治療が有効です。進行例では保存的治療に加えて外科的治療が有効です。当院では保存的治療は専門の理学療法士や看護師が指導しております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 蜂窩炎〈蜂窩織炎〉の治療 16 10.4 12.0 0.0% 67.4
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の治療 - - 9.0 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)の手術 - - 10.5 - -
皮膚科では、治療技術の進歩に伴い、入院して治療する疾患は少なくなってきています。重症感染症では、安静と抗菌剤ないし抗ウイルス剤点滴静注のため、短期間入院し治療を行います。蜂窩織炎は皮下脂肪織の細菌感染症で、帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスによる感染症です。通常は内服治療を行いますが、免疫能力の低い方、ご高齢の方、衰弱の強い方などでは入院治療を行っています。その他、中毒疹や水疱症などでも、症状が激しい場合は入院治療を行います。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050200xx97xxxx 脾動脈瘤の治療(血管塞栓術を含む) - - - - -
放射線科では血管系および非血管系の両方のインターベンショナルラジオロジー(IVR)を行っています。脾動脈塞栓術は血管系のIVRの一つであり、脾動脈瘤の大きさ、症状の有無などを考慮し、本治療が適当と思われる症例に対しては、脾動脈瘤の内腔または前後の血管を塞栓する(詰める)血管内手術をします。手術による治療と比べ、きわめて小さい体への負担で、動脈瘤の治療が可能です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍・膀胱悪性腫瘍の手術 70 6.3 7.6 0.0% 73.6
110420xx97xx0x 尿管狭窄の手術 68 3.1 5.5 2.9% 64.0
11012xxx020x0x 腎結石症・尿管結石症の手術 31 6.0 5.9 3.2% 61.8
泌尿器科では、膀胱癌に対して、早期の場合内視鏡的手術で治療行い、進行癌に対しては膀胱全摘、全身抗癌剤治療などを行っております。婦人科や消化器疾患に伴う尿管狭窄に対して尿管ステント留置し尿路確保に努めております。腎尿管結石に対しては、結石の大きさや状態に応じて、体外衝撃波結石破砕術や細径の軟性内視鏡によるレーザーでの砕石術を行っております。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児の位置異常・既往帝王切開後の帝王切開術 62 9.2 9.9 0.0% 32.9
120140xxxxxxxx 流産に対する手術 31 1.4 2.3 0.0% 34.1
120260xx01xxxx 分娩の異常のための手術(帝王切開術等) 23 9.6 9.6 0.0% 32.9
産科では、自然経腟分娩を基本として、帝王切開率が約20~30%となっています。骨盤位、既往帝王切開後の方は胎児と母体のリスクを考えて、安全のために予定帝王切開を行っています。前日に入院し、手術翌日から約1週間の入院です。妊娠経過が順調で、陣痛が発来してもなかなか分娩が進行しなかったり、胎児にストレスが認められた場合は緊急で帝王切開となる場合があります。この場合も手術翌日から約1週間の入院です。妊娠反応が陽性になった場合でも、妊娠初期ではさまざまな理由で10~15%が流産になるとされています。主な原因は胎児側の要因で自然淘汰と考えられます。多くの場合は自然に生理のような出血があって、妊娠が終了されますが、稽留流産となり、子宮内にとどまることがあります。その場合は必要に応じて子宮内容除去術が必要になります。静脈麻酔で、しっかり眠っている間に子宮内容を除去します。基本的には日帰り入院です。切迫早産の入院管理を行っており、小児科と連携して胎児の状態や週数により母体搬送となることがありますが、可能な状況であれば当院で管理させていただき、多くの赤ちゃんが、元気に育っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍の手術 74 9.6 10.2 0.0% 43.4
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍対し化学療法を投与 73 7.2 5.3 0.0% 57.2
120010xx99x50x 卵巣・卵管の悪性腫瘍に対し化学療法を投与 50 8.1 5.2 2.0% 59.7
婦人科において、1番目の子宮の良性腫瘍の手術で多いのは、子宮筋腫、子宮腺筋症等です。開腹子宮全摘術や腟式子宮全摘術などが施行されます。2番目の子宮頚部・体部悪性腫瘍に対し化学療法を投与は子宮頚癌進行期癌に対して化学療法同時放射線治療を行います。子宮内膜癌に対しては根治術後に術後補助化学療法などを行っています。3番目の卵巣・卵管の悪性腫瘍に対する化学療法を投与は、卵巣癌、卵管癌、腹膜癌などに対して術前化学療法を行ったり、根治術後化学療法を追加治療行ったりします。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障(片眼)の手術 15 9.2 9.6 0.0% 67.6
180040xx99x0xx 適正に投与された薬剤によるアナフィラキシーの治療 - - 10.0 - -
020220xx97xxx1 緑内障(両眼)の手術 - - 15.2 - -
眼科では、手術目的の入院がほとんどですが、ステロイドパルス療法など、投薬の目的のこともあります。最も多いのは白内障手術ですが、DPC対象症例ではないため、上記の表には出てきていません。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃炎、扁桃・アデノイド肥大の手術 55 8.5 8.2 0.0% 21.8
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎の手術 29 8.6 7.8 0.0% 48.1
030150xx97xxxx 耳下腺・顎下腺腫瘍の手術 22 9.5 7.9 0.0% 58.8
耳鼻咽喉科・頭頸部外科で、1番目に多い扁桃炎、扁桃・アデノイドの手術のうち、扁桃炎は扁桃炎のコントロールが不良となり、扁桃周囲に膿がたまり、穿刺や切開で排膿し外来治療では十分治療を行えない重症患者の入院加療を行っております。扁桃・アデノイドの手術は習慣性扁桃炎やIgA腎症、睡眠時無呼吸症候群の方に対して、症状改善目的で扁桃摘出やアデノイド切除を施行します。
2番目に多い慢性副鼻腔炎の手術は、投薬ではコントロールが難しい副鼻腔炎患者に対して、入院にて内視鏡下副鼻腔手術をすることにより症状改善を行います。
3番目に多い耳下腺・顎下腺の手術は、耳下腺や顎下腺に発生した腫瘍性病変の摘出の手術を入院にて行います。多くは良性腫瘍ですが、良性腫瘍でも悪性転化するリスクがあり、手術摘出が必要となります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 187 61 32 112 - 55 1 7
大腸癌 97 54 58 64 - 66 1 7
乳癌 57 69 30 - - 18 1 7,6
肺癌 81 24 54 86 11 111 1 7
肝癌 34 16 - - - 196 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【指標の説明】
日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の進行の程度を知るための指標である病期分類(Stage)ごとの症例数を集計したものです。がんの病期ごとの症例数を調べることで、その病院のがん診療の幅を知ることができます。
当院で、平成27年4月1日から平成28年3月31日に、退院された患者さんのDPCデータを用いて、下記の定義のとおり集計しています。

【指標の定義】
1.「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、「自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合」や、「治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合」を指します。
2.入院患者数は延患者数です。集計期間内に複数回入院した場合、同一患者に入退院を繰り返した回数分をかけた数となります。
3.一連の初回治療期間中であっても、「遠隔転移」などを認めた場合には「再発」とするため、初発例としてカウントした患者さんが再発例として重複カウントされていることがあります。
4.検査入院等のため、TNM分類が未確定で病期分類(Stage)が不明な場合は、「不明」として別記しています。
5.UICC病期分類とは、国際対がん連合(Union for International Cancer Control, UICC)によって定められた、原発巣の拡がり(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の3つの要素によって0期~Ⅳ期の5病期(Stage)に分類するものです。0期に近いほど癌が小さくとどまっている状態であり、Ⅳ期に近いほど癌が広がっている状態となります。
6.Stageが0期のものは集計対象外としています。
7.症例数が10件未満であった場合には「-」で表示しています。

【解説】
当院の入院患者さんの約25%はがん患者さんで、がん治療を多く行っています。5大がんについても、早期がんから進行がんまで、幅広い病期を診療していることが分かります。
当院の特徴としては、胃がんが多く、その中でもStageⅠの早期がんの割合が高いことです。StageⅠの患者さんの約6割は、「内視鏡的治療のみ」で終了しています。早期であれば、より低侵襲・効果的な内視鏡的治療が可能であり、患者さんにとっても負担が少なくてすみます。がん検診等を積極的に受け、早期発見・早期治療に繋げることが重要です。
しかしその一方で、胃がん・大腸がん・肺がんは、進行がんの割合も比較的高いといえます。
当院では、がん治療の一環として、緩和ケアを専門とする医師、看護師等を含めたチームによる緩和チームメンバーの介入によって、患者さんやそのご家族への支援を行っています。早い段階から緩和治療を受けた患者さんでは、通常の抗がん剤治療のみを受けた患者さんに比べて、生活の質(QOL)が改善され、予後にも良い影響があるという調査報告もあります。
乳がんはStageⅠ、Ⅱ期の患者さんが約7割を占めています。Ⅰ期の患者さんの約6割、Ⅱ期の患者さんの約4割は、「乳がん検診」がきっかけでがんが発見されていました。このことからも、「乳がん検診」は早期発見に有効といえます。
肝がんは「再発」が多いがんです。肝がん再発に対しては、「内科的治療(肝動脈化学塞栓術、ラジオ波焼灼術)」が多く行われています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 21 11.7 75.7
重症度 2 17 11.8 75.4
重症度 3 10 19.2 80.8
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 11 13.5 83.5
患者数が最も多いのは、中等症の患者さんとなっております。
平均年齢を見てみますと、中等症では75歳、重症では80歳となっており、成人市中肺炎は高齢になるほど重症になることが分かります。
平均在院日数を見ても、当然ながら重症では長くなっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 188 20.1 73.8 42.0%
その他 21 15.5 70.6 47.6%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 31 7.7 71.6 0.0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞入院は国際統計分類として、I63 $(脳梗塞)と分類されます。
発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が全体として多くなっております。
平均年齢は70歳代で、高齢者の方が多くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除 - - - - -
総合診療科では、原則的に手術を入院中にする患者さんは少なく、今回は入院中にたまたま見つかった皮膚悪性腫瘍切除術のみでありました。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 115 1.2 1.3 0.0% 67.1
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 108 1.5 7.4 1.9% 73.3
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 等 56 2.7 5.0 8.9% 73.3
消化器内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行なっております。最近は、外来での日帰り手術も多いですが、血をさらさらにする薬を飲んでおられる患者さんも多くなり、切除時の出血の危険が高い患者さんは入院で加療しています。次いで、胃癌に対する内視鏡切除術が多くなっており、特に、大きな病変や他の病院で治療困難な病変が多くなっています。難しい治療が多いのは事実ですが、術後の入院日数の短縮に取り組んでいます。胆管の結石や感染症は重症化する場合も多く、広いエリアから緊急内視鏡処置を受け入れているため、治療手技としての内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開が多くなっています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 176 2.1 13.0 5.1% 72.5
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートルを超えるもの その他のもの 28 7.4 8.2 0.0% 71.6
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 12 8.3 24.5 16.7% 69.1
肝臓内科では、肝細胞癌の入院患者さんがほとんどであり、当院では多血性の肝細胞癌であれば、肝動脈塞栓術を先行し、原則的には3個以上の多発、もしくは5cm以上の巨大肝細胞癌でなければ、肝予備能力を見て肝切除もしくは経皮的ラジオ波焼灼術を施行しています。そのため、入院後1-2日で肝動脈塞栓術を施行し、その後5-7日後に経皮的ラジオ波焼灼術を施行するため平均術後日数がやや長めとなっていなす。病院によっては、肝動脈塞栓術と経皮的ラジオ波焼灼術を別の入院で施行してるところもありますが、当院では患者さんの利便性も考えて1入院で2つの手技を施行しています。胸水・腹水濾過濃縮再静注法については、現在進行した肝硬変で難治性の腹水、胸水患者さんが多くなってきており、新しい利尿剤やアルブミン製剤とも使用するが軽快しない患者さんについて施行しています。1回の治療では軽快が難しく2-3回施行してやっと改善し退院することが多いため、術後の日数が多くなってきています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 - - - - -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
呼吸器内科では、誤嚥性肺炎を繰り返し、経口摂食が困難な場合、胃瘻造設術を行うことがあります。
肺癌の骨転移に対し、整形外科にて手術を行うことがあります。
呼吸不全による人工呼吸管理が長期となる場合、気管切開を行うことがあります。
糖尿病・内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) - - - - -
K7021イ 膵尾部切除術(腫瘍摘出術を含む)(脾同時切除) - - - - -
糖尿病・内分泌内科では、手術は基本的に施行しませんが、他科で上記の手術が多くなっている状況です。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
血液内科での手術は、末梢血細胞移植が中心となります。疾患と直接には関係ないのですが、補助として気管切開術やポート増設をする事があります。
腎臓・膠原病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 46 11 18.4 23.9% 72.3
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
腎臓・膠原病内科では、他科と連携しながら処置を行います。血液透析のための内シャント設置術は心臓血管外科と連携して作成してもらっています。腹膜透析導入のためのカテーテル挿入は消化器外科と連携して行います。術後3週間程度で腹膜透析の交換手技や緊急対応など教育を行います。血液透析患者さんのシャントの狭窄や閉塞に対しては循環器内科と連携して血管拡張術、血栓除去術を行っています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1741 水頭症手術(脳室穿破術)(神経内視鏡手術による) - - - - -
腫瘍内科で行っている手術は他の診療科の手術であり、当科で行う手術は外来でのポート造設術や造血幹細胞移植に限られます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等 222 1.7 2.5 0.5% 66.1
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 191 2.1 2.8 2.6% 71.4
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 等 65 2.2 2.4 0.0% 61.7
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、経皮的冠動脈形成術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっております。
心臓カテーテル治療とは、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。
タイミングとしては①緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、②検査から日数を空けて行う場合、③検査後一旦退院してから再入院して行う場合など、患者さんの状況に合わせて様々なタイミングで手術が行われております。
また、当科では頻拍性不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術も行っており、年々症例数が増加しています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -
神経内科は、脳・神経・筋疾患の内科的治療を担当する診療科ですので、手術治療は基本的に行いません。
神経内科入院中の患者さんに対して行う手術としては、筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン症候群などの神経難病により食事を経口摂取することができなくなった患者さんの栄養管理のために、胃瘻造設術を行うケースが最も多くなっています。胃瘻手術は内視鏡を用いて胃の中に腹壁側からチューブを留置して流動食や薬の注入ができるようにするための手術です。
脳の病気の中には画像検査だけでは診断がつかないものもありますので、その場合には脳生検を行います。場所や難易度によって方法は異なりますが、平成27年度は当科入院中の患者2名において定位脳生検術が行われました。
緩和ケア内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
緩和ケア内科では、専門的緩和ケア医として、通常の方法では取れない痛みの治療を行っています。脊髄のすぐ傍にカテーテルを埋め込んで、痛み止めの薬剤を持続的に注入する持続くも膜下(硬膜外)ブロックもその一つです。薬を入れるためのポートを皮下に埋め込むことで、確実に投与でき自宅でも同様の治療が続行できるようになるため、鎮痛薬の全身投与では取れない激痛の患者さんに、カテーテル(およびポート)留置術を行っています。
CVポートの留置や胃瘻などは、状況に応じて苦痛の緩和のために必要と考えた患者さんに、各専門科に依頼して行う事があります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
当院では700例近い分娩出産があり、小児科ではその中に新生児仮死のため、蘇生等の処置が必要となる児が小児科の手術例として扱われます。腸重積は乳幼児に突然発症する腸閉塞で、発症早期であれば高圧注腸にて非観血的に整復できます。
消化器・一般外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 93 1.6 4.5 0.0% 59.3
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 64 3.5 14.1 3.1% 68.6
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍) 等 60 2.0 14.4 3.3% 67.0
消化器・一般外科は、疾患数の多かった大腸癌、胃癌、胆石症の手術が上位になっています。当科では、病気の進行度、患者様の全身状態に合わせて術式を選択しており、開腹手術、腹腔鏡手術のいずれも行っていますが、いずれの手術でも腹腔鏡手術が上位という結果でした。これらの臓器に限らず、各分野で腹腔鏡手術は増加しており、入院期間は短縮しています。この傾向は今後も進むでしょう。術後は安定した状態になってから、退院していただいておりますが、退院後のサポートも大切です。近隣の医療施設との病診連携が、ますます重要となっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除or1肺葉を超え) 等 59 3.2 8.1 1.7% 68.5
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 等 34 2.9 6.9 5.9% 71.0
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術楔状部分切除) 等 14 5.9 5.1 7.1% 47.1
呼吸器外科領域において治療対象として最も多い疾患は、肺癌です。肺癌は現在も全国的に増加しており、当院でも入院患者さんの数、手術患者さんの数ともに増加しています。当院においては、積極的に最新の肺癌治療手技を取り入れています。呼吸器外科においては、2007年より積極的に胸腔鏡下手術を導入し、2016年8月よりロボット手術などの最新外科手技を積極的に導入しています。また、肺癌の治療は集学的(関係診療科が協力して)に行うことが良いとされていますが、当院では、定位照射、PET-CTなどの最新放射線診断治療手技の放射線科、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの最新化学療法の呼吸器内科、腫瘍内科と協働して、診断から治療まで最善、最新の治療を患者さんに提供しているのも、当院の特徴です。肺癌の手術においては、呼吸機能が問題でない場合、標準的な肺葉切除術を積極的に行っていますが、不幸にして喫煙などにより肺機能はすでに低下している患者さんに対しても、簡単に手術を諦めるのではなく、当院の禁煙外来、呼吸リハビリテーション外来などを駆使して、呼吸機能の改善を図り、肺癌の治療として最も確実な方法である外科手術を出来るだけ行う方針としています。超高齢、低肺機能の患者さんに対しても、近隣医療施設で手術不可能と診断された患者さんであっても、香川県での呼吸器外科の最後の砦であると自覚しており、充実した設備を活かして、安全に手術を行って良好な成績を残しています。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 48 1.7 6.2 0.0% 55.8
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 22 1.9 9.4 0.0% 54.5
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 等 21 2.0 14.1 4.8% 60.9
乳腺・内分泌外科は、整容性の高い乳房温存手術を基本術式としています。腫瘍の大きい症例に対しては、術前化学療法や術前内分泌療法を施行し、腫瘍を小さくしてから温存手術をおこなうこともあります。しかし、病状により乳腺全摘術を選択せざるを得ない場合もあります。その場合は、術前より形成外科医と相談し、希望があれば乳房再建手術をおこなっています。再建方法として、①人工乳房による再建②広背筋皮弁による再建③血管吻合をともなった腹部遊離皮弁による乳房再建④腹直筋皮弁による乳房再建をおこなえるようにしています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 等 30 3.3 19.6 20.0% 72.4
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 等 14 3.4 21.9 35.7% 69.9
K5551 弁置換術(1弁のもの) 等 14 9.6 18.6 7.1% 67.0
心臓血管外科において、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術は、腹部大動脈瘤に対する基本的手術で、安全性も高い手術です。破裂例では術後入院日数がやや長くかかることがありますが、非破裂例では術後2週間前後で退院できることが多いです。ステント-グラフトも行われますが人工血管置換術とステント-グラフトを症例ごとに最適と思われる治療を選択するようにしています。社会の高齢化に伴い、大動脈弁が狭くなる大動脈弁狭窄症が増加しています。人工弁に置き換える弁置換術が基本的な治療法で、超高齢者の患者さんでも安定した成績で手術が行えています。心不全で入院した後、そのまま入院して手術を受けられる方も多いため、術前日数がやや長くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 48 0.3 9.3 16.7% 75.0
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 等 24 1.1 29.8 37.5% 64.8
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 19 6.4 27.5 15.8% 54.3
脳神経外科において、最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。高齢の方が初めに軽微な頭部外傷を負って1~2ヶ月ほど経過した際に、歩行障害や認知症様の症状が出現し、救急入院されることがあり、比較的緊急手術となる場合が多くなります。頭部の局所麻酔を行い、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。術後は早期に症状が改善して自力歩行可能となり、8割近くの方が自宅へ退院されます。脳神経外科で2番目に多い手術は、脳動脈瘤に対するクリッピング術です。クモ膜下出血で発症された方、すなわち動脈瘤が破裂してこられた方には再破裂の予防、未破裂脳動脈瘤の方には将来の破裂を予防するために行う手術です。動脈瘤の頸部に金属製のクリップをかけ、瘤内に入る血流を遮断する手術です。3番目の手術は脳腫瘍に対する手術です。腫瘍を摘出し症状を軽減するため、また腫瘍の診断を行うために行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 109 5.6 18.0 70.6% 74.5
K0821 人工関節置換術(股) 等 58 2.0 25.9 27.6% 70.3
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 55 3.4 12.1 16.4% 47.8
平成27年度における、整形外科の手術件数は1292例でした。大腿骨骨折観血的手術が最多で、この手術は骨折部の骨接合を行う手術です。
第二位は人工関節置換術(股関節)で変形性股関節症などの関節の痛みを改善する手術です。
第三位は手関節の骨折など前腕骨骨折に対する骨接合手術となっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 15 0.5 2.3 0.0% 67.0
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 11 0.6 2.9 0.0% 55.3
K628 リンパ管吻合術 11 0.9 5.7 0.0% 58.8
形成外科で一番多いのは、眼瞼下垂症手術です。眼瞼下垂とは上まぶたが十分に上がらない状態のことです。加齢や外力(白内障手術後、コンタクトレンズ長期使用等)が原因のものが多く、手術で改善します。形成外科の手術は皮膚腫瘍や軟部腫瘍の摘出術が一番多いのですがほとんどは外来手術です。ある程度進行してしまったリンパ浮腫では、保存的治療に加えて、外科的治療が有効です。当院ではマイクロサージャリーの技術を用いたリンパ管吻合術を行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 等 - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
皮膚科では、再建不要な悪性・良性腫瘍の切除術や、うっ滞性潰瘍等の難治性潰瘍に対する植皮術などの手術を適宜行っています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの - - - - -
放射線科では血管系および非血管系の両方のインターベンショナルラジオロジー(IVR)を行っています。脾動脈塞栓術は血管系のIVRの一つであり、脾動脈瘤の大きさ、症状の有無などを考慮し、本治療が適当と思われる症例に対しては、脾動脈瘤の内腔または前後の血管を塞栓する(詰める)血管内手術をします。手術による治療と比べ、きわめて小さい体への負担で、動脈瘤の治療が可能です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 75 0.1 2.2 2.7% 65.6
K8036イ 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術(電解質溶解液利用のもの) 等 68 1.3 4.0 0.0% 73.4
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 30 1.8 6.4 0.0% 60.6
泌尿器科では、婦人科や消化器疾患に伴う尿管狭窄に対して尿管ステント留置し尿路確保に努めております。 
膀胱癌に対して、早期の場合内視鏡的手術で治療行い、進行癌に対しては膀胱全摘、全身抗癌剤治療などを行っております。
腎尿管結石に対しては、結石の大きさや状態に応じて、体外衝撃波結石破砕術や細径の軟性内視鏡によるレーザーでの砕石術を行っております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 63 5.1 7.0 0.0% 33.3
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 等 37 3.1 7.3 0.0% 33.4
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 19 0.0 0.1 0.0% 33.9
産科では、自然経腟分娩を基本として、帝王切開率が約20~30%となっています。骨盤位、既往帝王切開後の方は胎児と母体のリスクを考えて、安全のために予定帝王切開を行っています。前日に入院し、手術翌日から約1週間の入院です。妊娠経過が順調で、陣痛が発来してもなかなか分娩が進行しなかったり、胎児にストレスが認められた場合は緊急で帝王切開となる場合があります。この場合も手術翌日から約1週間の入院です。妊娠反応が陽性になった場合でも、妊娠初期ではさまざまな理由で10~15%が流産になるとされています。主な原因は胎児側の要因で自然淘汰と考えられます。多くの場合は自然に生理のような出血があって、妊娠が終了されますが、稽留流産となり、子宮内にとどまることがあります。その場合は必要に応じて子宮内容除去術が必要になります。静脈麻酔で、しっかり眠っている間に子宮内容を除去します。基本的には日帰り入院です。切迫早産の入院管理を行っており、小児科と連携して胎児の状態や週数により母体搬送となることがありますが、可能な状況であれば当院で管理させていただき、多くの赤ちゃんが、元気に育っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 89 1.3 7.5 0.0% 47.7
K867 子宮頸部(腟部)切除術 64 1.0 1.0 0.0% 39.8
K879 子宮悪性腫瘍手術 39 2.4 11.9 2.6% 57.8
婦人科において、子宮全摘術は婦人科手術の中で一番多い手術です。子宮筋腫、子宮腺筋症など良性疾患の根治手術です。開業医からの紹介も多いです。子宮頚部切除術は、子宮腟部円錐切除術と言われ、子宮腟部高度異型上皮以上の子宮頚癌初期病変に対する、診断かつ治療目的の腟式手術です。子宮頚がん検診の普及により初期の異常を早期発見、早期治療を目的とした、今後も増加しうる手術です。子宮悪性腫瘍手術は、子宮頚癌に対する広汎子宮全摘術+骨盤リンパ節郭をはじめ、子宮内膜癌や卵巣癌に対して行われる、腹式子宮全摘術+両側付属器切除術+骨盤リンパ節郭清+傍大動脈リンパ節廓清+大網部分切除などをいいます。開業医からの紹介も多く、患者さんの状態に沿った最善の治療を提供するようにスタッフ全員で心がけております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 198 0.0 1.0 0.0% 73.8
K2682 緑内障手術 流出路再建術 等 - - - - -
K2683 緑内障手術 濾過手術 等 - - - - -
眼科における手術の大部分は、白内障手術です。当院では、日帰り手術も行っています。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 等 60 1.3 7.2 0.0% 22.2
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 等 24 2.2 2.3 0.0% 67.5
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 21 2.1 5.9 0.0% 47.9
耳鼻咽喉科・頭頸部外科で1番目に多い口蓋扁桃手術 摘出は慢性扁桃炎、IgA腎症、睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対して、症状改善目的で施行します。
2番目の喉頭腫瘍摘出術は声帯ポリープの摘出や喉頭病変の診断・治療のために施行します。
3番目の内視鏡下鼻・副鼻腔手術は慢性副鼻腔炎の患者さんで、投薬でのコントロールが困難な方に対して、症状改善目的で手術をします。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.2%
異なる 12 0.1%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 81 0.7%
異なる 18 0.2%
この表に示す4つのDPC及び傷病名は、DPCにおいて高額な点数(入院医療費が高くなる)が設定されています。つまり、臨床的に根拠のある診断でなければ、いわゆるアップコーディング(不適切な入院医療費請求)として取り扱われるものとされています。
当院では、上記のようなケースは行われていないと考えます。
まず、播種性血管内凝固症候群については、様々な疾患により血液が固まる力が高まることで、体中の血管の至る所に血栓ができ、多臓器不全や出血が止まりにくい状態となる疾患です。当院の症例数は10症例未満のため、表示は-(ハイフン)となっておりますが、どの症例においても様々な原因からこの疾患を発症しております。高度な医療を提供していることから、臨床的な根拠に基づいて妥当であると考えます。次に敗血症に関しては、生体のある部分で感染症を引き起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。当院では、DPC病名と入院契機が同一であるものが、27症例であり、異なるものは、12症例で、多くは、尿路系の疾患や癌及び肺炎が原因で全身状態が悪化し、重症な病態が遷延してしまい、敗血症に至った症例です。そして、手術・処置等の合併症については、術後の出血及び感染・体内挿入物の位置異常などが挙げられます。ほぼDPC病名と入院契機が同一であることから手術・処置などの合併症を主訴として入院治療を受ける患者さんが多いことになります。

更新履歴
平成28年9月30日
平成27年度 香川県立中央病院 病院指標を公開しました。