平成29年度 香川県立中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 707 160 274 450 741 1,150 2,576 3,040 1,922 317
当院は、高度急性期病院及び地域医療支援病院として、質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。
全体で見ると、60歳以上に占める割合が全体の約7割となっており、高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
年齢階級別に疾患構成を見てみますと、10歳以下では、新生児疾患や呼吸器系の疾患が多く、10歳代では、外傷および耳鼻科疾患が最も多く見られ、20歳代から30歳代を中心に、女性生殖器疾患や産褥期疾患が増加傾向にあります。40歳代では、女性生殖器系疾患も多く見られますが、加えて消化器系疾患も増加しています。50歳代以降も、消化器疾患が増加傾向にあり、60歳代以降に関しては、循環器系疾患・呼吸器系疾患・腎尿路系疾患が増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.34 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - 20.83 - -
110290xx99x00x 急性腎不全 - - 14.30 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.50 - -
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) - - 3.58 - -
総合診療科では、高齢で脳梗塞や認知症等で嚥下機能が悪くなった誤嚥性肺炎の患者さんの入院が多く、糖尿病や心不全、慢性閉塞性肺疾患等の基礎疾患を持った患者さんが多いため治療に難渋する患者さんが多く平均在院日数が長くなっています。一般外来や救急外来で、原因不明である発熱疾患が多く集まり、その中にはポリファーマシーの患者さんが多く薬物中毒による発熱や尿路感染症、肝膿瘍の患者さんも見られます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 141 10.27 8.73 0.00% 73.42
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 102 7.64 10.61 3.92% 72.36
060090xx02xxxx 胃の良性腫瘍 56 7.66 7.25 0.00% 70.79
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 44 9.00 7.21 0.00% 67.61
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 31 7.19 8.98 3.23% 70.29
消化器内科では、専門医が胃癌、大腸癌、食道癌の内視鏡手術を積極的に行っており、完全切除率も極めて高いです。多くの手術を行う必要性のため、週末入院月曜手術の必要性もあるため、胃癌の内視鏡手術の在院日数がやや長いことが今後の課題です。また、胆管の結石や感染症は重症化する場合も多く、広いエリアから緊急内視鏡処置を受け入れています。処置を速やかに行い、地域に継続加療をお願いするため、転院率が高くなっています。消化器癌に対する抗がん剤治療の専門医が、外科内科の癌患者さんに積極的に治療を行っています。重症の腸閉塞患者の緊急処置も積極的に受け入れています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 122 10.62 11.99 0.00% 68.69
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 28 3.93 3.59 0.00% 72.07
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 21 21.71 19.65 9.52% 74.14
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 20 12.50 14.60 30.00% 71.10
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 19 12.47 11.75 0.00% 67.00
呼吸器内科では、肺癌の化学療法の患者さんが最も多くなっております。近年肺癌患者数の増加に伴い、化学療法患者数も年々増加しております。
当科では肺癌の化学療法を行う場合、原則初回治療は2週間の入院で効果・副作用を評価し、2回目からは外来通院センターで治療を行っています。
間質性肺炎の急性増悪による呼吸不全に対し、酸素療法・人工呼吸療法、ステロイド療法などを行っています。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 118 15.54 11.44 5.93% 71.97
060050xx0310xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 71 16.30 15.39 0.00% 72.42
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 27 14.96 13.04 18.52% 71.15
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 18 8.72 9.90 0.00% 66.67
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 12 8.00 8.43 0.00% 74.33
肝臓内科の入院患者さんで一番多い疾患は肝細胞癌であり、多血性の肝細胞癌であれば原則腹部血管撮影を実施し、エコー/CT/MRIで指摘できなかった癌がないかを精査し、肝動脈化学塞栓術を実施しています。原則的には癌の大きさと個数が3㎝3個以内もしくは5cm以下1個で、肝予備能もしくは年齢による各臓器機能の低下や合併疾患によって外科手術に耐えられない患者さんに対しては経皮的ラジオ波焼灼術を施行する患者さんが多くなってきています。病院によっては、肝動脈化学塞栓術と経皮的ラジオ波焼灼術を別の入院で施行してるところもありますが、当院では患者さんの利便性も考えて1入院で2つの手技を施行しているため全国の平均在院日数より肝細胞癌に対する腹部血管造影・血管塞栓術が長いものと考えられます。最近では切除不能、TACE不応・不能の場合は肝予備能が低下する前に分子標的薬を導入する目的の入院が増えてきています。また肝性脳症の治療においては、難治性の肝性脳症が多いため、入退院を繰り返す患者さんが多いですがクリニカルパスを作成して食事指導や服薬管理を行います。また、転院先にも同様な治療を継続してもらうために、管理ノートを作成して転院先でも同様の治療ができるように努めています。
腎臓・膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 47 12.04 12.23 2.13% 65.49
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 23 5.74 7.35 0.00% 47.83
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 21 9.10 8.97 0.00% 66.29
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 18 26.94 36.38 16.67% 71.56
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 17 11.71 17.16 0.00% 70.29
腎臓膠原病内科では、各種腎疾患(検尿の異常から腎不全)や膠原病の検査、治療を行っています。腎炎、ネフローゼや原因不明の腎機能低下の際に腎生検を行いますが腎生検では3日間、腎炎/ネフローゼ治療では1ヶ月程度の入院となっています。また慢性腎不全の教育入院や透析導入を行っています。膠原病につては病状により入院期間はまちまちですが、関節リウマチでは1-2週間となっています。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 12 13.83 14.27 0.00% 59.17
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 10 13.20 11.16 0.00% 54.20
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) - - 15.87 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 - - 13.57 - -
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) - - 11.90 - -
現在は外来療養指導と他科入院後の往診診療などのチーム医療に重点をおいています。糖尿病・内分泌内科において、2017年4月1日~2018年3月31日までのDPC上位5位の退院患者さんは、1型糖尿病 5例、2型糖尿病 37例でした。また重篤な代謝障害は8例あり、うち低血糖は1例、高血糖は7例でした。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 70 11.46 17.04 10.00% 67.47
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 64 23.89 34.49 4.69% 65.56
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 32 15.34 16.48 3.13% 67.44
130010xx97x2xx 急性白血病 28 49.71 40.97 0.00% 63.04
180010x0xxx0xx 敗血症 14 12.93 19.01 0.00% 74.21
血液内科において、急性白血病に対する抗がん剤を用いた化学療法は、治療に伴う血球の減少が強いために入院で行う必要があります。無菌室を利用した治療となり入院期間も長期間となります。悪性リンパ腫は高齢化に伴い増加している疾患です。当院でも患者数は増加傾向にあり、初回のリツキサン投与の際の薬剤アレルギーコントロール目的の入院が多い傾向にあります。その他に、悪性リンパ腫の再発や治療抵抗性に対する救済療法(サルベージ療法)を場合、治療の度に入院する必要がありその回数が多くなります。高齢の方にも治癒を目指した強度の高い治療を行うために感染症発症の確率が増え、入院の機会が増えていますが、2週間以内で改善して退院されています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 - - 6.83 - -
040040xx97x91x 肺の悪性腫瘍 - - 36.75 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
腫瘍内科では、化学療法の必要な原発不明癌や稀少がんを対象にして入院治療を行って来ましたが、他診療科と並行して胃癌と肺癌の患者さんの治療も行っています。
緩和ケア内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 - - 11.11 - -
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 - - 9.83 - -
060020xx97x0xx 胃の悪性腫瘍 - - 17.08 - -
12002xxx97x00x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 - - 9.03 - -
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 - - 9.58 - -
緩和ケア内科では、当院でがんの診断、あるいは治療を行った患者さんについて、自宅療養では十分苦痛の緩和ができない場合や、自宅で最期まで過ごすことができず本人とご家族が希望された場合は、緩和ケア内科が主治医となり、緩和ケア病床(2床のみ運用中)で症状緩和治療を行っています。強い痛みが出たり急速に状態が悪化することが多い消化器系のがん患者さんの人数が多くなっていますが、必要に応じて、種々の患者さんの診療を行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 477 2.94 3.03 0.21% 71.22
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 395 5.01 5.30 0.00% 66.19
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 248 5.12 4.62 2.02% 71.63
050130xx99000x 心不全 80 16.69 17.71 10.00% 77.79
050210xx97000x 徐脈性不整脈 78 11.05 11.21 6.41% 78.55
循環器科で最も多い症例は、狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院で、2番目に多いのは心臓カテーテル治療のための入院となります。カテーテル治療については、冠動脈狭窄や閉塞に対する拡張およびステント留置術のみならず、心房細動をはじめとした不整脈に対するカテーテル治療や、末梢動脈閉塞に対する治療なども含まれます。
続いて徐脈性心疾患に対してのペースメーカー治療が位置します。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 15 17.93 16.95 26.67% 57.80
010160xx99x10x パーキンソン病 - - 20.55 - -
070560xx99x6xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 - - 27.20 - -
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 - - 9.99 - -
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 - - 18.38 - -
平成29年度に神経内科で入院治療を行った疾患で最も頻度が多かったのは、ギラン・バレー症候群や慢性炎症性多発根神経炎(CIDP)などの免疫介在性・炎症性ニューロパチーです。当院は救急対応が可能でかつ末梢神経障害の診断に必要な電気生理学的検査ができる県内に数少ない医療機関なので、ギラン・バレー症候群やCIDPは希少な疾患でありますが、当院では多くの患者さんを受け入れています。2番目に多かったのはパーキンソン病の入院治療です。パーキンソン病はパーキンソン病類似疾患との鑑別が難しい疾患なので、入院して精査する場合もあります。髄膜炎や脳炎などの中枢神経感染症の入院治療も他院からの紹介や転院などで積極的に受けれています。
消化器・一般外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 81 7.12 7.40 1.23% 63.56
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 65 14.11 17.27 6.15% 68.51
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 49 16.10 15.61 2.04% 69.59
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 40 7.30 6.64 0.00% 62.25
060150xx03xxxx 虫垂炎 36 5.19 5.56 0.00% 36.44
消化器・一般外科が診療した患者さんで多かったのは、良性疾患では胆石症や胆嚢炎の手術を受けた方、悪性疾患では大腸がんと胃がんの手術を受けた方でした。近年、日本では大腸がん(=結腸癌と直腸癌に分類されます)が増加しており、臓器別がん罹患率では男女とも2位となっています。当科での手術数も年々増加しています。胃がんは臓器別がん罹患率において、男性で1位、女性で3位です。いくらか減少傾向にあるとはいえ、依然として多い疾患です。胃癌は早期で発見されることも多く、消化器内科で行われる内視鏡的切除だけで治療できるケースも増えています。このため、現在は大腸癌手術よりは少ない手術数になっています。これは当院に限らず全国的な傾向です。良性疾患では胆石症の手術が多く、この中には急性胆のう炎を発症して、緊急手術を行ったケースも含まれています。抗菌療法は進歩しましたが、現在でも急性胆のう炎に対して手術は重要な治療です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 114 11.51 12.35 3.51% 70.42
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 20 2.85 3.59 0.00% 69.60
040200xx99x00x 気胸 15 7.80 9.14 0.00% 44.47
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 10 9.10 18.31 0.00% 72.40
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 - - 10.56 - -
呼吸器外科領域において治療対象として最も多い疾患は、肺癌です。肺癌は現在も全国的に増加しており、当院でも入院患者さんの数、手術患者さんの数ともに増加しています。当院においては、積極的に最新の肺癌治療手技を取り入れています。呼吸器外科においては、2007年より積極的に胸腔鏡下手術を導入し、2016年8月よりロボット手術などの最新外科手技を積極的に導入しています。また、肺癌の治療は集学的(関係診療科が協力して)に行うことが良いとされていますが、当院では、定位照射、PET-CTなどの最新放射線診断治療手技の放射線科、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの最新化学療法の呼吸器内科、腫瘍内科と協働して、診断から治療まで最善、最新の治療を患者さんに提供しているのも、当院の特徴です。さらに、肺がパンクした病態の気胸に対しても、胸腔鏡下手術の手技を応用して積極的に取り組んでいます。外科手術が問題なく施行できる若年者だけでなく、超高齢、低肺機能の患者さんに対しても、近隣医療施設で手術不可能と診断された患者さんであっても、香川県での呼吸器外科の最後の砦であると自覚しており、充実した設備を活かして、安全に手術を行って良好な成績を残しています。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 46 9.22 6.37 2.17% 59.83
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 30 12.63 10.15 0.00% 61.60
090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 26 3.19 8.86 0.00% 55.23
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 23 3.00 4.49 0.00% 54.87
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 22 14.36 11.45 4.55% 60.27
乳癌手術では、整容性の高い乳房温存手術を基本術式としています。腫瘍の大きい症例に対しては、術前化学療法や術前内分泌療法を施行し、腫瘍を小さくしてから温存手術をおこなうこともあります。しかし、病状により乳腺全摘術を選択せざるを得ない場合もあります。その場合は、術前より形成外科医と相談し、希望があれば乳房再建手術をおこなっています。再建方法として、①人工乳房による再建②広背筋皮弁による再建③血管吻合をともなった腹部遊離皮弁による乳房再建④腹直筋皮弁による乳房再建をおこなえるようにしています。甲状腺手術では、進行甲状腺癌では拡大手術による根治術を目指し、早期のものや良性疾患に対しては低侵襲性手術を行っています。低侵襲性手術として、小切開法による甲状腺手術、内視鏡補助下甲状腺手術をおこなっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 26 23.77 23.93 3.85% 73.23
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 26 14.46 12.51 7.69% 78.58
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 22 18.68 17.76 4.55% 74.64
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 15 17.20 17.95 13.33% 75.67
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 14 17.29 23.29 7.14% 72.93
心臓血管外科において、弁膜症は社会の高齢化に伴い増加している疾患で、特に心臓の出口にある大動脈弁が狭くなる大動脈弁狭窄症が増加しています。人工弁に置き換える弁置換術が基本的な治療法で、超高齢者の患者さんでも安定した成績で手術が行えています。最近では手術が難しいと思われる状況の方に経カテーテル的大動脈弁移植術も行っています。一方心臓(左心室)の入り口にある僧帽弁は、きちんと閉じない閉鎖不全症が主で、自己弁を温存する弁形成術を中心に行っています。動脈瘤に対するカテーテルによる人工血管挿入術とは、いわゆるステント-グラフトのことで、特に胸部大動脈瘤では体に対する負担が開胸手術に比べ格段に軽くてすみます。通常の人工血管置換術とステント-グラフトを症例ごとに最適と思われる治療を選択するようにしています。腹部大動脈瘤については、開腹人工血管置換術が手術成績も安定し、術後長期の成績もステント-グラフトより良好であるため、超高齢者などリスクの高い患者さんのみステント-グラフトを行うようにしています。解離性大動脈瘤(急性大動脈解離)では、心臓から出てすぐの上行大動脈に解離が及んでいないB型の場合はほとんどが手術を行わず薬物で治療しています。狭心症・心筋梗塞では冠動脈バイパス術を行っており、人工心肺を使う手術と使わない手術のそれぞれの長所・短所を考慮し使い分けるようにしています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞 52 13.77 16.51 32.69% 73.77
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 32 14.41 9.68 37.50% 80.53
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 30 2.00 3.14 0.00% 58.73
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 24 17.21 19.10 54.17% 67.92
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 22 10.82 7.34 27.27% 55.86
脳神経外科では、脳梗塞の治療は早ければ、早いほど治療後の予後はいいという結果です。脳梗塞が疑われれば出来るだけ早く、治療可能な医療施設を受診して下さい。また、入院後の治療としては、発症4.5時間以内であれば、t-PAによる急性期血栓溶解療法が可能であり、また、病型によって抗血小板療法(ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞)や抗凝固療法(心原性脳塞栓症)を行います。特に塞栓性脳梗塞の場合は、カテーテルを用いた血栓吸引や、ステントによる血栓採取治療も行っております。ほとんどの症例の場合には、発症24時間以内に入院することが多く、その場合には、上記治療薬に加え脳保護療法として活性酸素除去剤(エダラボン)を用いて活性酸素(フリーラジカル)を低減、脳梗塞による損傷を軽減することが可能となります。未破裂脳動脈瘤については、まず脳血管造影などの詳しい検査を行い、その動脈瘤が破裂する可能性が高い傾向にあれば、治療について相談させていただきます。治療は開頭で行うクリッピング術とカテーテルを用いた血管内手術があります。当院ではいずれの手術も可能であり、合併症の生じない治療をこころがけています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 123 27.71 27.09 69.11% 80.28
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 42 15.93 17.28 16.67% 72.33
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 33 17.79 21.70 9.09% 65.79
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 33 27.12 23.14 48.48% 70.88
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 25 26.20 25.09 48.00% 78.20
平成29年度における整形外科の手術件数は1300例程度でした。高齢者に多くみられる股関節の骨折の手術が最多でした。
第2,3位は脊椎疾患に対する手術で、股関節や膝関節の人工関節置換手術が続きます。重度外傷、高齢者の骨折、脊椎や関節の変性疾患など整形外科の各領域の手術を幅広く行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 18 3.00 3.29 0.00% 69.39
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 12 5.42 5.80 0.00% 49.58
070520xx99xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 11 8.73 8.42 0.00% 75.73
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 - - 9.71 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 - - 15.25 - -
形成外科では、顔や手足など身体の表面にできた傷や変形をきれいに治すことを主な目的としています。けが、顔の骨折、やけど、できもの、あざ、先天異常、治りにくい傷、がんの切除・再建および乳房再建などについて治療をおこなう外科系の専門領域です。入院治療を行う疾患としては、眼瞼下垂症、四肢・躯幹の軟部腫瘍およびリンパ浮腫が上位を占めています。眼瞼下垂とは、上まぶたが十分に挙がらない状態のことです。軟部腫瘍とは、皮膚の下の軟部組織に出来たできもののことです。リンパ浮腫とは、様々な原因によってリンパ液の流れが滞ることで起こる四肢の浮腫です。原因としては、日本では悪性腫瘍に対する手術や放射線治療、あるいは外傷や感染による二次性(続発性)のものが圧倒的に多くなっています。早期に予防することで進行を遅らせることが可能です。軽症例では弾性包帯やストッキング、マッサージなどの保存的治療が有効です。進行例では保存的治療に加えて外科的治療が有効です。当院では保存的治療は専門のリンパ浮腫療法士や理学療法士が行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 111 5.11 5.94 0.00% 1.50
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 76 7.22 6.18 1.32% 0.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 62 4.03 5.50 0.00% 3.29
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 36 9.19 11.50 0.00% 0.00
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 35 5.46 6.03 0.00% 2.37
小児科にはRSウィルスやヒトメタニューモウィルス、インフルエンザ等をはじめとしたウィルス性肺炎・気管支炎、マイコプラズマ等の市中肺炎から細菌性の肺炎・気管支炎まで呼吸器感染の患児が年間を通して多く入院しています。呼吸器感染はいずれも特に新生児や乳幼児で急激に呼吸困難を来しやすく、十分な注意が必要です。とくに早産で出生した児、先天性心疾患や喘息など基礎疾患を有する児などは年長児でも重症化する傾向があります。消化器疾患としては冬期を中心にノロウィルス、ロタウィルスなどによる胃腸炎から入院する例が多くあります。いずれの疾患においても経口困難による脱水が病状の悪化や遷延につながる場合が多く、小児の体調不良時は水分管理が常に重要です。なお3ヶ月以下の早期乳児では発熱のみでも重症化するリスクが高く、見かけ上は元気でも早期の治療介入が望ましい場合が多いと考えられます。また当院では年間700件近い出産があります。小児科は産婦人科と連携し、早産児や低出生体重児に限らず、少しでも異常のある新生児はNSCUに入院頂き、十分な管理の下で必要な検査や治療をしています。入院中もご家族はNSCUに何度でも入室して頂くことが可能で、児と積極的に接することが出来ます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - - 11.73 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 - - 29.24 - -
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - - 10.50 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.95 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 - - 17.95 - -
皮膚科では、治療技術の進歩に伴い、入院して治療する疾患は少なくなってきています。重症感染症では、安静と抗菌剤ないし抗ウイルス剤点滴静注のため、短期間入院し治療を行います。蜂窩織炎は皮下脂肪織の細菌感染症で、帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスによる感染症です。通常は内服治療を行いますが、免疫能力の低い方、ご高齢の方、衰弱の強い方などでは入院治療を行っています。その他、中毒疹や水疱症などでも、症状が激しい場合は入院治療を行います。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 63 7.17 7.31 0.00% 75.56
110420xx97xx0x 水腎症(その他) 59 2.93 5.17 0.00% 67.44
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 46 7.65 5.75 0.00% 65.11
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 30 2.60 6.18 0.00% 71.67
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 22 13.36 12.92 0.00% 68.68
泌尿器科では、膀胱癌に対して、早期の場合内視鏡的手術で治療行い、進行癌に対しては膀胱全摘、全身抗癌剤治療などを行っております。婦人科や消化器疾患に伴う尿管狭窄に対して尿管ステント留置し尿路確保に努めております。腎尿管結石に対しては、結石の大きさや状態に応じて、体外衝撃波結石破砕術や細径の軟性内視鏡によるレーザーでの砕石術を行っております。前立腺癌に対しては、早期の場合ロボット支援腹腔鏡下手術や金マーカーを留置し正確かつ短時間での治療を実現した強度変調放射線療法(IMRT)を行い、進行癌に対しては内分泌、放射線、全身抗癌剤治療などを行っております。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 56 9.04 9.75 0.00% 32.29
120260xx01xxxx 分娩の異常 27 9.74 9.67 0.00% 32.59
120140xxxxxxxx 流産 22 1.41 2.43 0.00% 35.23
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 21 24.76 20.41 19.05% 29.14
120180xx02xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 10 8.50 8.64 0.00% 34.50
産科では、妊娠・出産はほとんどの場合が順調に経過しますが、母体や胎児、あるいは双方に突然問題が起こることがあります。自然経腟分娩を基本としていますが、骨盤位や既往帝王切開後の方は胎児と母体のリスクを考えて、安全のために予定帝王切開を行っています。また妊娠経過が順調で、経腟分娩をトライしていても、陣痛が始まってもなかなか分娩が進行しなかったり、胎児にストレスが認められた場合は緊急で帝王切開となる場合があります。帝王切開率は約20~30%となっています。予定の帝王切開では前日に入院し、手術翌日から約1週間の入院です。緊急手術の場合は手術翌日から約1週間の入院です。妊娠初期ではさまざまな理由で10~15%が流産になるとされています。主な原因は胎児側の要因で自然淘汰と考えられます。多くの場合は自然に生理のような出血があって、妊娠が終了されますが、子宮内にとどまることがあります(稽留流産といいます)。その場合は必要に応じて子宮内容除去術(流産手術)が必要になります。静脈麻酔で、しっかり眠っている間に子宮内容を除去します。基本的には日帰り入院です。下腹部痛や子宮頚管短縮・開大など放置していれば流産・早産となる可能性の高い状態を切迫流産、切迫早産と言いますが、それを防ぐよう管理を行っています。ただ外来管理で、症状の改善が認められない場合は入院管理となります。場合により小児科やその他の科と連携して周産期管理を行いますが、胎児の状態や週数により母体搬送となることがあります。可能な状況であれば当院で管理させていただき、多くの赤ちゃんが元気に育っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 113 5.45 4.98 0.00% 62.81
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 67 4.57 4.63 0.00% 60.91
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 66 4.53 4.75 0.00% 69.11
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 56 8.91 9.91 0.00% 45.57
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 40 9.28 10.27 2.50% 52.93
婦人科において、子宮・卵巣の良性腫瘍の手術は、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣のう腫・茎捻転等に対しての手術です。開腹子宮全摘術や子宮筋腫であれば筋腫核出術、他に腟式子宮全摘術などが施行されます。卵巣のう腫や子宮内膜症に対しては卵巣のう腫核出術や卵巣・付属器(卵巣・卵管)摘出術などが施行されます。子宮頚部悪性腫瘍に対しては手術、子宮頚癌進行期癌に対しては放射線・化学同時併用治療を行います。子宮体部悪性腫瘍に対しては根治術後に術後補助化学療法などを行います。卵巣癌、卵管癌、腹膜癌などに対しては術前化学療法を行ったり、根治術後に化学療法を追加治療として行ったりします。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010090xxxxx2xx 多発性硬化症 - - 39.79 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 - - 7.31 - -
100070xx97x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) - - 20.50 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 - - 6.63 - -
010090xxxxx00x 多発性硬化症 - - 13.98 - -
眼科では手術目的の入院がほとんどです。最も多いのは白内障手術ですが、DPC対象症例ではないため、上記の表には出てきていません。黄斑疾患や硝子体疾患に対する手術を数件施行しております。手術以外の入院としては視神経炎等(ここでは多発性硬化症を記載ですが)に対する投薬加療での入院です。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 37 8.08 8.01 0.00% 17.14
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 27 8.59 7.23 0.00% 51.70
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 24 8.04 5.48 0.00% 44.29
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 20 14.40 13.33 5.00% 65.10
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 18 9.61 7.58 0.00% 55.28
耳鼻咽喉科・頭頸部外科で、1番目に多い扁桃・アデノイドの手術は習慣性扁桃炎やIgA腎症、睡眠時無呼吸症候群の方に対して、症状改善目的で扁桃摘出やアデノイド切除を施行します。
2番目に多い慢性副鼻腔炎の手術は、投薬ではコントロールが難しい副鼻腔炎患者に対して、入院にて内視鏡下副鼻腔手術をすることにより症状改善を行います。
3番目に多い扁桃炎・咽喉頭炎は扁桃炎のコントロールが不良となり、扁桃周囲に膿がたまり、穿刺や切開で排膿し外来治療では十分治療を行えない重症患者さんや喉頭周囲が腫れることにより窒息の危険が高い患者さんの入院加療を行っております。
4番目に多い頭頸部悪性腫瘍は頭頸部悪性腫瘍に対して集学的治療(手術・放射線・化学療法)を施行しております。
5番目に多い唾液腺腫瘍に対しては、手術による治療を施行しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 196 34 32 98 - 47 1 7
大腸癌 60 53 39 33 27 46 1 7
乳癌 48 76 23 - - 15 1 7
肺癌 114 38 57 71 28 144 1 7
肝癌 36 22 14 - - 175 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【指標の説明】
5大癌とは、日本で患者数の多い、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌を指します。UICC病期分類とは、国際対がん連合(Union for International Cancer Control, UICC)によって定められた、原発巣の広がり(T)、所属リンパ節転移の有無と広がり(N)、遠隔転移の有無(M)の3つの要素によって、0期~Ⅳ期の5病期(Stage)に分類するもので、進行の程度を知るための指標となります。
0期に近いほど癌が小さくとどまっている状態であり、Ⅳ期に近いほど癌が広がっている状態といえます。癌の病期ごとの症例数を調べることで、その病院のがん診療の幅を知ることができます。
当院で、平成29年4月1日から平成30年3月31日に、退院された患者さんのDPCデータを用いて、以下の定義のとおり集計しています。

【指標の定義】
1.「初発」とは、当院において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に、局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
2.入院患者数は延患者数です。集計期間内に複数回入院した場合、同一患者に入退院を繰り返した回数分をかけた数となります。
(例:胃癌手術のために入院し、一旦退院したのちに、化学療法目的で再入院した場合は、2回と数えます。)
3.一連の初回治療期間中であっても、「遠隔転移」などを認めた場合には「再発」とするため、初発例としてカウントした患者さんが再発例として重複カウントされていることがあります。
(例:胃癌StageⅢと診断されて入院。退院後は外来治療を行っていたが、肝転移が見つかり再入院となった場合、1回目入院は「StageⅢ」、2回目入院は「再発」として、それぞれ1回と数えます。)
4.病期分類(Stage)には、2通りの分類方法があります。初回治療開始前の身体所見・画像所見などから得られた情報による臨床分類と、手術検体の病理組織学的所見で得られた情報で、臨床分類を補完する病理学的分類です。上記分類は、臨床分類を用いています。
5.検査入院や、癌疑いで治療を行った後に癌と確定診断された場合は、入院時の臨床分類が未確定のため、「不明」としています。
6.Stageが0期のものは集計対象外としています。

【解説】
平成29年度、「がん」で入院した患者さんは約3,200人で、この「がん」のうち約半数を占めているのが5大癌です。早期癌から進行癌まで、幅広い病期を診療していることが分かります。
胃癌の入院患者さんは毎年多く、約半数がStageⅠの早期癌です。胃壁の一番浅い層に留まっている早期癌であれば、内視鏡的治療が可能であり、患者さんにとっても負担が少なくてすみます。StageⅣの患者さんが多いのは、化学療法のために入退院を繰り返した患者さんの数が反映したと考えられます。
大腸癌も、胃癌同様、早期癌であれば内視鏡的治療が可能です。不明がやや多くなっている理由は、腺腫等(前癌病変)で内視鏡的治療を行った後に、癌と判明した患者さんが含まれているからです。
乳癌は、芸能人の方が乳癌であることを公表したこともあり、関心が高まっています。乳癌患者さんの45%を占めているのが40~50歳代で、若年層が多いのが特徴です。乳房温存手術に化学療法や放射線療法を組み合わせた治療が多く行われています。
肺癌は、これまで胃癌に次いで2番目に入院患者さんの多い癌でしたが、平成29年度は胃癌を抜いて、最も多い癌となりました。「再発」やStageⅣの患者さんは、化学療法のために入退院を繰り返すため、患者数も多くなったと考えられます。早期であれば手術が一般的であり、9割以上が胸腔鏡によるもので、ロボット支援手術(ダ・ヴィンチ手術)も行われています。
肝癌は「再発」が多く、肝動脈化学塞栓術、ラジオ波焼灼療法などの内科的治療が、繰り返し行われます。
近年、ゲノム(遺伝情報)に基づき、病期の診断と治療を行う「ゲノム医療」への期待が、急速に高まっています。標準的な医療から、患者さん1人ひとりに合った「個別化医療」の時代へと、今後の医療は大きく変革していくでしょう。
当院は、平成30年8月20日より、がん治療の最適化を目指して「がんゲノムセンター」を設立しました。ゲノム医療を推進し、患者さんに最適な治療を提供していきます。

*「癌」は上皮細胞(身体の表面や、臓器などの表面を覆う細胞)に由来する悪性腫瘍(胃癌、大腸癌等)を指します。これに対して、「がん」は、肉腫や白血病、悪性リンパ腫などを含む、全ての悪性腫瘍を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 13.75 57.50
中等症 54 16.33 75.07
重症 16 13.69 78.38
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎の重症度別で患者数が最も多いのは、中等症の患者さんとなっております。
超重症症例では、平均在院日数が長くなっています。また、重症になるほど平均年齢が高くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 186 20.15 73.84 38.43%
その他 30 18.17 74.27 5.09%
脳梗塞入院は国際統計分類として、I63 $(脳梗塞)と分類されます。
発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が全体として多くなっております。これは脳梗塞が早く治療できれば、早い程症状の改善率が高いことと関係しています。
平均年齢は70歳代で、高齢者の方が多くなっておりますが、これは年齢と共に動脈硬化がすすんでくるということがあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3㎝未満) - - - - -
K664 胃瘻造設術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
総合診療科では、原則的に手術を入院中にする患者さんは少なく、胃瘻造設術が1例、不明熱の診断のためのリンパ節摘出術1名、内視鏡的消化管止血術1例のみでした。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 139 1.16 1.68 0.72% 71.24
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 129 1.73 7.67 0.00% 73.51
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 70 1.60 7.99 5.71% 74.51
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 等 63 2.06 4.97 1.59% 70.59
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 その他のポリープ・粘膜切除術 等 63 1.49 5.49 0.00% 70.78
消化器内科では、胃あるいは大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術あるいは粘膜下層剥離術を多く行なっております。外来での日帰り手術も多いですが、血をさらさらにする薬を飲んでおられる患者さんも多くなり、切除時の出血の危険が高い患者さんは入院で加療しています。県内の広い範囲から受診されるため、当日入院当日治療が出来にくく、前日入院で対応しています。全体として難しい治療が多いのは事実ですが、術後の入院日数の短縮に取り組んでいます。胆管の結石や感染症は重症化する場合も多く、広いエリアから緊急内視鏡処置を受け入れているため、治療手技としての内視鏡的乳頭切開術・乳頭括約筋切開や内視鏡的胆道ステント留置術が多くなっています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K508-21 気管・気管支ステント留置術 硬性鏡によるもの - - - - -
K0531 骨悪性腫瘍手術(大腿) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
呼吸不全による人工呼吸管理が長期となる場合、気管切開を行うことがあります。肺癌の脳転移・癌性髄膜炎による水頭症に対して、シャント手術を行うことがあります。肺癌により気道狭窄・閉塞を来した場合、気管・気管支ステントを留置する場合があります。肺癌の骨転移に対し、整形外科にて手術を行うことがあります。喀血が内科的治療にて改善しない場合、気管支動脈塞栓術を行います。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 159 1.55 13.47 4.40% 72.18
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートルを超えるもの その他のもの 27 7.89 7.59 0.00% 72.44
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 13 6.85 12.77 23.08% 68.38
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートル以内のもの その他のもの 等 11 1.64 6.27 0.00% 74.73
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
肝臓内科では、肝細胞癌の入院患者さんがほとんどであり、当院では多血性の肝細胞癌であれば、肝動脈化学塞栓術を先行し、原則的には3個以上の多発、もしくは5cm以上の巨大肝細胞癌でなければ、肝予備能力を見て肝切除もしくは経皮的ラジオ波焼灼術を施行しています。そのため、入院後1-2日で肝動脈化学塞栓術を施行し、その後5-7日後に経皮的ラジオ波焼灼術を施行するため平均術後日数がやや長めとなっていなす。病院によっては、肝動脈化学塞栓術と経皮的ラジオ波焼灼術を別の入院で施行してるところもありますが、当院では患者さんの利便性も考えて1入院で2つの手技を施行しています。胸水・腹水濾過濃縮再静注法については、現在進行した肝硬変で難治性の腹水、胸水患者さんに各種利尿剤とアルブミン製剤を使用しても軽快しない患者さんについて施行しています。1回の治療では軽快が難しく2-3回施行してやっと改善し退院することが多いため、術後の日数が多くなってきています。食道・胃静脈瘤の破裂で受診された場合は消化器内科にて内視鏡的に緊急止血処置を行いその後当科で肝不全の治療を行い、肝予備能と全身状態が回復した患者さんには静脈瘤の硬化療法などで再出血の危険が軽減するように治療を行っており平均術後入院期間が長くなる傾向があります。
腎臓・膠原病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 等 37 6.19 15.43 10.81% 72.19
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 11 5.73 17.00 0.00% 73.36
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
腎臓・膠原病内科では他科と連携しながら処置を行います。血液透析導入のための内シャント作成は心臓血管外科と連携しています。また腹膜透析のカテーテル挿入について消化器外科と連携しながら行っています。また血液透析患者さんのシャント閉塞や狭窄に対して循環器科と連携してシャント血管の拡張術や場合によって心臓血管外科で血栓除去術やシャント再建術を行っています。
糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの - - - - -
K525-3 非開胸食道抜去術(消化管再建術を併施するもの) - - - - -
糖尿病・内分泌内科では、基本的に手術は施行しませんが、他科での術前管理にともなう手術が少数例あります。
日本糖尿病学会の2001-2010年まで45.708名の糖尿病患者の死亡原因の調査によると、38%の方が悪性新生物(ガン)で死亡しており、心疾患13%、肺炎12%、脳血管7%、その他30%で、ガンが最も大きな比率を占めています。
そのため、糖尿病をもっておられるかたは日々の健康診断がもちろん大切ですが、当院の教育入院中の検査で偶然ガンが見つかることがあります。とくに検便をきっかけとした大腸癌や腹部エコー/CTをきっかけとした膵癌や発見されることが多いです。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -
K711 脾摘出術 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
血液内科での手術は、末梢血幹細胞移植が中心となります。他院から紹介で、診断目的での脳腫瘍生検およびリンパ節摘出を行う事があります。また治療の一環として脾臓の摘出を行うこともありました。
緩和ケア内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K651 内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
緩和ケア内科では、専門的緩和治療を行っています。ペインクリニック専門医でもあり、一般的な方法では取れない痛みの治療も行っています。脊髄の近くにカテーテルを留置して痛み止めの薬剤を持続的に注入する持続硬膜外あるいはくも膜下ブロックもその一つです。薬を入れるためのポートを皮下に埋め込むことで、確実に投与でき自宅でも同様の治療が続行できるようになるため、鎮痛薬の全身投与では取れない激痛の患者さんに行っています。現在の所、県内では、当院でのみ行っています。
そのほか中心静脈ポートの留置や胃瘻などは、状況に応じて苦痛の緩和のために必要と考えた患者さんに、各専門科に依頼して行う事があります。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等 327 1.72 2.35 0.00% 66.93
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 179 2.10 3.17 0.56% 72.61
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 72 1.69 2.47 0.00% 63.31
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 61 3.23 9.67 9.84% 79.08
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 56 1.27 2.18 0.00% 74.89
循環器科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、経皮的冠動脈形成術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっております。
心臓カテーテル治療とは、腕や足の血管から心臓まで管を通して動脈硬化で狭くなった血管を治療する方法です。安定狭心症、不安定狭心症、急性心筋梗塞でコードが異なりますが合わせると400例を超えています。腎臓の動脈や下肢の動脈の狭窄に対しても同様のカテーテル治療を行っています。また、頻拍性不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術も行っており、特に心房細動に対するカテーテル治療が年々増加しています。こちらも心房中隔穿刺を行うもの(主に心房細動)とそれ以外でコードが分かれていますが合わせると400例を超えています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
神経内科は、脳・神経・筋疾患の内科的治療を担当する診療科ですので、手術治療は基本的に行いません。
神経内科入院中の患者さんに対して行う手術としては、筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン症候群などの神経難病により食事を経口摂取することができなくなった患者さんの栄養管理のために、胃瘻造設術を行うケースがあります。胃瘻手術は内視鏡を用いて胃の中に腹壁側からチューブを留置して流動食や薬の注入ができるようにするための手術です。また、神経疾患により自力で呼吸ができなくなったり、自力で痰を喀出することができなくなった患者さんに対して、気管切開術を行う場合もあります。
消化器・一般外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 129 1.98 4.40 1.55% 63.44
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 70 5.51 13.03 5.71% 69.69
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 49 2.14 2.41 0.00% 67.69
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 等 41 2.02 11.02 9.76% 68.20
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 等 34 0.38 3.85 0.00% 34.71
消化器・一般外科において、手術数の多かった胆石症、大腸がん、ヘルニア、胃がんの手術でした。当科では、病気の進行度、患者様の全身状態に合わせて術式を選択しており、開腹手術、腹腔鏡下手術のいずれも行っていますが、胆石症、大腸がん、胃がんの各手術では、腹腔鏡下手術の方が開腹より多く行われていました。これらに限らず、様々な分野で内視鏡下手術は増加しています。入院期間も以前に比べてずいぶんと短縮しており、退院後のサポートはさらに大切になっていると考えています。近隣の医療施設とも病診連携をしながら外来ケアをさせていただきます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除or1肺葉を超え) 等 57 3.25 8.56 1.75% 69.32
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 等 32 2.41 5.75 0.00% 71.81
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 等 18 3.00 7.83 11.11% 70.56
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術楔状部分切除) 等 - - - - -
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 - - - - -
呼吸器外科領域において治療対象として最も多い疾患は、肺癌です。肺癌は現在も全国的に増加しており、当院でも入院患者さんの数、手術患者さんの数ともに増加しています。当院においては、積極的に最新の肺癌治療手技を取り入れています。呼吸器外科においては、2007年より積極的に胸腔鏡下手術を導入し、2016年8月よりロボット手術などの最新外科手技を積極的に導入しています。また、肺癌の治療は集学的(関係診療科が協力して)に行うことが良いとされていますが、当院では、定位照射、PET-CTなどの最新放射線診断治療手技の放射線科、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの最新化学療法の呼吸器内科、腫瘍内科と協働して、診断から治療まで最善、最新の治療を患者さんに提供しているのも、当院の特徴です。肺癌の手術においては、呼吸機能が問題でない場合、標準的な肺葉切除術を積極的に行っていますが、不幸にして喫煙などにより肺機能はすでに低下している患者さんに対しても、簡単に手術を諦めるのではなく、当院の禁煙外来、呼吸リハビリテーション外来などを駆使して、呼吸機能の改善を図り、肺癌の治療として最も確実な方法である外科手術を出来るだけ行う方針としています。超高齢、低肺機能の患者さんに対しても、近隣医療施設で手術不可能と診断された患者さんであっても、香川県での呼吸器外科の最後の砦であると自覚しており、充実した設備を活かして、安全に手術を行って良好な成績を残しています。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 46 2.13 6.09 2.17% 59.83
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 24 5.04 7.92 0.00% 65.79
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 17 2.00 5.76 0.00% 52.59
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 等 14 2.21 11.79 7.14% 64.57
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 等 12 2.08 5.50 0.00% 59.08
乳癌手術では、整容性の高い乳房温存手術を基本術式としています。腫瘍の大きい症例に対しては、術前化学療法や術前内分泌療法を施行し、腫瘍を小さくしてから温存手術をおこなうこともあります。しかし、病状により乳腺全摘術を選択せざるを得ない場合もあります。その場合は、術前より形成外科医と相談し、希望があれば乳房再建手術をおこなっています。再建方法として、①人工乳房による再建②広背筋皮弁による再建③血管吻合をともなった腹部遊離皮弁による乳房再建④腹直筋皮弁による乳房再建をおこなえるようにしています。甲状腺手術では、進行甲状腺癌では拡大手術による根治術を目指し、早期のものや良性疾患に対しては低侵襲性手術を行っています。低侵襲性手術として、小切開法による甲状腺手術、内視鏡補助下甲状腺手術をおこなっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 等 33 4.58 14.09 12.12% 76.39
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの 等 19 2.89 12.63 5.26% 72.84
K5551 弁置換術 1弁のもの 等 18 5.44 23.61 0.00% 75.17
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術 経皮的大動脈弁置換術 等 17 3.00 9.00 5.88% 85.00
K5611 ステントグラフト内挿術 胸部大動脈 等 16 1.63 13.50 0.00% 76.63
心臓血管外科において、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術は、腹部大動脈瘤に対する基本的手術で、安全性も高い手術です。破裂例では術後入院日数がやや長くかかることがありますが、非破裂例では術後10日前後で退院できることが多いです。ステント-グラフトも行われますが,長期の成績は人工血管置換術の方が良好なため、超高齢者など、リスクの高い患者さんのみ行うようにしています。社会の高齢化に伴い、大動脈弁が狭くなる大動脈弁狭窄症が増加しています。人工弁に置き換える弁置換術が基本的な治療法で、超高齢者の患者さんでも安定した成績で手術が行えています。心不全で入院した後、そのまま入院して手術を受けられる方も多いため、術前日数がやや長くなっています。経カテーテル的大動脈弁置換術は負担が少なく、術後短期間で退院可能です。胸部大動脈瘤は高齢の方が多い上に手術の負担が比較的大きい手術で、可能であれば負担の少ないステント-グラフトを選択することが多いです。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 29 0.59 13.62 34.48% 80.72
K1781 脳血管内手術(1箇所) 等 22 0.86 26.95 27.27% 58.55
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 等 19 3.89 30.58 10.53% 65.89
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 13 0.23 33.85 61.54% 60.23
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 等 13 4.77 54.00 69.23% 67.31
脳神経外科において、最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。高齢の方が初めに軽微な頭部外傷を負って1~2ヶ月ほど経過した際に、歩行障害や認知症様の症状が出現し、救急入院されることがあり、比較的緊急手術となる場合が多くなります。頭部の局所麻酔を行い、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。術後は早期に症状が改善して自力歩行可能となり、7割近くの方が自宅へ退院されます。脳神経外科で2番目に多い手術は、脳動脈瘤に対する血管内手術です。脳動脈瘤に対して血管の中でカテーテルによって、金属製のコイルを動脈瘤内に送り込んで閉塞させます。より侵襲の少ない方法であり、当院でもこの手術が年を追って増えてきており、動脈瘤手術については開頭術より多くなりました。3番目は脳腫瘍に対する手術です。腫瘍を摘出し症状を軽減するため、また腫瘍の診断を行うために行います。多くの方が、自宅退院となっております。4,5番目は頭蓋内血腫に対する開頭摘出術ですが。外傷や脳卒中にて生じた血腫を除去する手術であり、術後もリハビリテーション治療を継続して行うことが多くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 99 3.96 19.76 53.54% 72.52
K0821 人工関節置換術(股) 等 66 4.17 24.79 46.97% 73.42
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 60 5.72 18.42 70.00% 81.98
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 53 3.06 16.64 24.53% 57.60
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 47 1.47 13.96 19.15% 72.47
平成29年度における、整形外科の手術件数は1,300例程度でした。大腿骨骨折観血的手術が最多で、この手術は骨折部の骨接合を行う手術です。
第2位は股関節や膝関節の変形性関節症等に行う人工関節置換術の手術でした。手術であり、股関節の骨折に対して行う人工骨頭置換術が続きます。脊椎の固定手術が第5位ですが、増加傾向にあります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 13 0.15 1.54 0.00% 70.77
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 12 0.42 4.58 0.00% 48.67
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K628 リンパ管吻合術 - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
形成外科の手術で一番多いのは皮膚のできものの摘出術ですが、ほとんどは外来手術です。入院手術で一番多いのは、加齢や外力(白内障手術後、コンタクトレンズの長期使用、アトピーなどで頻繁にまぶたをこするなど)が原因で起こる腱膜性眼瞼下垂症に対する眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)です。
形成外科で行う四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術の一番多い原因は脂肪腫です。脂肪腫は脂肪細胞が大きくなったものですが、筋肉内の深いところに出来ていたり、まれに悪性のものもあるため、きちんとした検査を行った上で必要に応じて摘出術を行います。リンパ浮腫に対する外科的治療として、マイクロサージャリーの技術を用いたリンパ管静脈吻合術を行っています。乳房再建とは、乳がんの手術によって失われた乳房をできるだけ元の形に復元する手術です。乳房再建の時期は乳がんの手術の際に行う一次再建と、乳がん術後に行う二次再建とがあります。乳房再建の方法には大きく分けて、シリコンバッグなどの人工乳房による再建と、患者さん自身の皮下脂肪を胸に移植する再建があります。乳房再建の希望がある患者さんに対しては、乳がんの手術前に乳腺外科から形成外科に紹介されることが多くなっています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
当院では700例近い分娩出産があります。小児科は産婦人科と連携し、児にリスクのある分娩(緊急帝王切開含)には小児科医が立ち会い、新生児仮死などで必要な場合は蘇生を出生直後から行っています。この蘇生処置等が小児科の手術例として扱われています。腸重積は乳幼児に突然発症する腸閉塞で、発症早期であれば高圧注腸にて非観血的に整復できます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 73 0.12 3.49 2.74% 67.15
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 59 1.36 5.68 0.00% 75.59
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 42 1.48 3.95 0.00% 64.74
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 28 0.04 1.04 0.00% 71.43
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 22 1.00 11.36 0.00% 68.68
泌尿器科では、膀胱癌に対して、早期の場合内視鏡的手術で治療行い、進行癌に対しては膀胱全摘、全身抗癌剤治療などを行っております。婦人科や消化器疾患に伴う尿管狭窄に対して尿管ステント留置し尿路確保に努めております。腎尿管結石に対しては、結石の大きさや状態に応じて、体外衝撃波結石破砕術や細径の軟性内視鏡によるレーザーでの砕石術を行っております。前立腺癌に対しては、早期の場合ロボット支援腹腔鏡下手術や金マーカーを留置し正確かつ短時間での治療を実現した強度変調放射線療法(IMRT)を行い、進行癌に対しては内分泌、放射線、全身抗癌剤治療などを行っております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 等 64 5.17 7.11 0.00% 31.55
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 等 34 5.26 7.12 0.00% 33.79
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 等 18 0.00 0.17 0.00% 35.44
K9062 子宮頸管縫縮術 シロッカー法又はラッシュ法 11 5.09 8.55 0.00% 34.18
K9122 子宮外妊娠手術 腹腔鏡によるもの - - - - -
産科では、妊娠・出産はほとんどの場合が順調に経過しますが、母体や胎児、あるいは双方に突然問題が起こることがあります。自然経腟分娩を基本としていますが、骨盤位や既往帝王切開後の方は胎児と母体のリスクを考えて、安全のために予定帝王切開を行っています。また妊娠経過が順調で、経腟分娩をトライしていても、陣痛が始まってもなかなか分娩が進行しなかったり、胎児にストレスが認められた場合は緊急で帝王切開となる場合があります。帝王切開率は約20~30%となっています。予定の帝王切開では前日に入院し、手術翌日から約1週間の入院です。緊急手術の場合は手術翌日から約1週間の入院です。妊娠初期ではさまざまな理由で10~15%が流産になるとされています。主な原因は胎児側の要因で自然淘汰と考えられます。多くの場合は自然に生理のような出血があって、妊娠が終了されますが、子宮内にとどまることがあります(稽留流産といいます)。その場合は必要に応じて子宮内容除去術(流産手術)が必要になります。静脈麻酔で、しっかり眠っている間に子宮内容を除去します。基本的には日帰り入院です。下腹部痛や子宮頚管短縮・開大など放置していれば流産・早産となる可能性の高い状態を切迫流産、切迫早産と言いますが、特に早い時期に頚管短縮・開大したり、早産の既往がある方には、それを防ぐよう子宮頚管縫縮術を行っています。小児科と連携して胎児の状態や週数により母体搬送となることがありますが、可能な状況であれば当院で管理させていただき、多くの赤ちゃんが元気に育っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 72 1.42 7.17 0.00% 48.81
K867 子宮頸部(腟部)切除術 62 1.00 0.98 0.00% 39.47
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 37 1.19 4.32 0.00% 43.16
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 36 1.11 7.03 2.78% 50.67
K879 子宮悪性腫瘍手術 31 2.81 10.32 0.00% 57.74
婦人科において、子宮全摘術は婦人科手術の中で一番多い手術です。子宮筋腫、子宮腺筋症など良性疾患の根治手術となります。子宮頚部切除術は、子宮腟部円錐切除術と言われ、子宮腟部高度異型上皮以上の子宮頚癌初期病変に対する、診断かつ治療目的の腟式手術です。子宮頚がん検診の普及により初期の異常を早期発見、早期治療を目的とした、今後も増加しうる手術です。子宮悪性腫瘍手術は、子宮頚癌に対する広汎子宮全摘術+骨盤リンパ節郭をはじめ、子宮内膜癌や卵巣癌に対して行われる、腹式子宮全摘術+両側付属器切除術+骨盤リンパ節郭清+傍大動脈リンパ節廓清+大網部分切除などをいいます。子宮附属器腫瘍とは主に良性の卵巣腫瘍(卵巣嚢腫)のことで開腹手術だけでなく、腹腔鏡を用いての手術も行っています。腫瘍だけを取り除く核出術や附属器(卵巣・卵管)を摘出する方法があります。良性疾患も悪性疾患も開業医や近隣の病院からの紹介も多く、患者さんの状態に沿った最善の治療を提供するようにスタッフ全員で心がけております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 210 0.05 1.00 0.00% 74.40
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等 - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科における手術の大部分は、白内障手術です。当院では、日帰り手術も行っていますので、実際の症例数は上記よりも多いです。その他、硝子体・網膜疾患に対する手術を数例施行しております。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 48 1.33 7.25 0.00% 21.50
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24 1.67 6.38 0.00% 55.50
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 17 1.88 1.12 0.00% 60.35
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 13 2.00 3.77 0.00% 5.15
K370 アデノイド切除術 10 1.40 4.60 0.00% 6.30
耳鼻咽喉科・頭頸部外科で1番目に多い口蓋扁桃手術 摘出は慢性扁桃炎、IgA腎症、睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対して、症状改善目的で施行します。
2番目の内視鏡下鼻・副鼻腔手術は慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の患者さんで、投薬でのコントロールが困難な方に対して、症状改善目的で手術をします
3番目の喉頭腫瘍摘出術は声帯ポリープの摘出や喉頭病変の診断・治療のために施行します。
4番目の鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術は滲出性中耳炎の患者さんに対して症状改善目的で手術します。
5番目のアデノイド切除術は滲出性中耳炎や睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対して症状改善目的で手術します。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.24%
異なる 35 0.31%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 92 0.81%
異なる 14 0.12%
まず、播種性血管内凝固症候群については、当院の症例数は10症例未満のため、表示は-(ハイフン)となっておりますが、どの症例においても様々な原因からこの疾患を発症しております。高度な医療を提供していることから、臨床的な根拠に基づいて妥当であると考えています。次に敗血症に関しては、当院では、DPC病名と入院契機が同一であるものが、27症例であり、異なるものは、35症例で、多くは、尿路系の疾患や癌及び肺炎が原因で全身状態が悪化し、重症な病態が遷延してしまい、敗血症に至った症例です。そして、手術・処置等の合併症については、術後の出血及び感染・体内挿入物の位置異常などが挙げられます。ほぼDPC病名と入院契機が同一であることから手術・処置などの合併症を主訴として入院治療を受ける患者さんが多いことになります。
更新履歴
平成30年10月1日
平成29年度 香川県立中央病院 病院指標を公開しました。