診療科・部門紹介

救急部・救命救急センター

診療内容

当院の救命救急センターは第三次救急医療施設として昭和56年に開設され、意識障害を伴う脳卒中、ショック状態の心筋梗塞・致死的不整脈、重症多発外傷、急性薬物中毒、心肺停止など一刻一秒を争う病気や外傷などのほか、他の二次医療機関からの御紹介を受けいれています。 多岐にわたる重症患者を24時間365日対応しています。

実績

三次救急として救急車で搬送されてきた患者さんに最良の治療がすばやく実施できるよう設備とスタッフを揃えています。また、救急外来では時間外に診療が必要な急病の患者さんの治療を行っています。

救急外来受診者数

救急車受け入れ台数

緊急OP総数

ヘリ搬入患者数

CPA(院外心停止)

スタッフ紹介

前のページへ戻る