診療科・部門紹介

診療内容(産婦人科)

婦人科腫瘍(良性)

子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍です。成人女性の30%は子宮筋腫を持っていると言われており、特に珍しい病気ではありません。筋腫の大きさや個数は人それぞれ異なります。女性ホルモンの影響で筋腫が発育すると考えられています。子宮筋腫の種類は、子宮のどこに筋腫ができるかによって分類されます。

筋層内子宮筋腫、漿膜下子宮筋腫、粘膜下子宮筋腫の3つに分類されます。

子宮筋腫の主な症状は、月経困難症や過多月経です。また、筋腫が大きくなると、周囲の臓器を圧迫する症状がでることがあります。しかし、筋腫のできた場所や大きさによっては自覚症状がなく、健康診断で貧血を指摘されて初めて気付くこともあります。子宮筋腫が見つかっても、症状が無い場合は特に治療はしません。定期検診にて、筋腫が大きくなったかどうか、症状が出てきたかどうか経過観察をします。治療が必要と判断された場合は、薬物療法と手術療法があります。医師と一緒に以下のことを考慮しながら、治療方針を決めましょう。 当院では開腹子宮筋腫核出術、子宮鏡子宮筋腫核出術、腟式子宮全摘術などを行っています。お気軽にご相談ください。

子宮鏡手術 [PDF]

卵巣嚢腫

卵巣は、子宮の両側に左右1つずつあり親指ほどの大きさの臓器です。

卵巣嚢腫とはその卵巣の一部にできた袋状の腫瘍内に液体や血液や脂肪がたまる病気です。卵巣嚢腫の種類によりたまる液、内容物は異なります。卵巣嚢腫は一般的に無症状です。そのため自覚症状よりも婦人科検診や、他科(内科など)の病気の検査の際に偶然見つかることが多いです。卵巣嚢腫がこぶし大以上の大きさになってくると下腹部が膨らんだ感じや違和感を感じることもあります。

ある程度の大きさ(約5cm大以上)になると、捻転(卵巣嚢腫の部分がねじれてしまうこと)、破裂の恐れがあり手術を考慮します。捻転、破裂が起こると急激な腹痛や吐き気など激烈な症状が出現し緊急手術が必要となる場合があります。卵巣嚢腫は、一般的に婦人科での内診や超音波検査で診断します。画像診断(MRIやCT)、腫瘍マーカーの採血は腫瘍の性質(どんな種類の卵巣嚢腫か、悪性の腫瘍の可能性はないかどうか)を診断するためにおこなわれます。実際には摘出して顕微鏡の検査をしないと腫瘍の性質や悪性かどうかは確定されません。当院では手術が必要な症例は腹腔鏡手術を実施しています。大きさ、種類により開腹手術をお勧めする場合もあります。お気軽にご相談ください。

前のページへ戻る